G-SELFの趣味をカタる部屋

映画(主にWOWOW)とかアニメの紹介と感想を書いていきたい。あと、スイーツや雑学とかも。

2020年・夏アニメの感想③(ざっくりしたあらすじと感想)

2020年・夏アニメの感想③

 7月から新たに始まったアニメや再開したアニメを何本か観ていますので、ざっくりとしたあらすじと感想を書き綴りたいと思います。再放送のアニメも観てますので、それらについても書いてます。

※画像とあらすじは各アニメの公式HPより転載しました 

 

※よろしければ、前回の記事もご参照ください  

g-self.hatenablog.com

  

アニメイトオンラインショップ

 

デカダンス(あらすじ、感想、ネタバレ)

 第3話「steering」のあらすじ

 カブラギの指導により、《ガドル》との戦い方を学んでいくナツメ。かつて一流の戦士だったカブラギの厳しい特訓にもめげず、ナツメは短期間で飛躍的な成長を遂げていく。

f:id:G-SELF:20200731233702j:plainf:id:G-SELF:20200731233718j:plain

・主人公のナツメがトレーニングを受ける、という話。右のパイプにも秘密が…?

(感想)ナツメは、幼少時に右手を失った事故の際に”死んでいる”という認識をされていました。そこでカブラギは興味をもったという訳です。一人前に戦えるように、訓練するゾ!というステップアップの話でした。

 

バキ 大擂台賽編(あらすじ、感想、ネタバレ)

 第4話「チーム結成!」のあらすじ

 更なる盛り上がりを見せる大擂台賽。会場では三合拳の使い手である陳海王と、日本で唯一海王の称号を持つ空拳道の寂海王の試合が行われていた。その最中、試合会場の裏では、刃牙が勇次郎に対戦表明をしていた。

f:id:G-SELF:20200801112858j:plainf:id:G-SELF:20200801112929j:plain
・中国チームと国際チームの5vs5マッチが始まります。

(感想)中国”海王”チームは強力な助っ人2人が補充されて、バケモン級の刃牙たちのチームと対戦することになりました。トーナメントはどうなった?でも、”ジャンプ的”で分かりやすい展開です。全員、ヒトの範疇を超えております(笑)
 

アニメイトオンラインショップ

 

『天晴爛漫!』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第4話「Let It Go」のあらすじ

 大陸横断レースのスタートが近づく中、アルからガソリン車を手に入れた天晴は、さっそく発明に向かっていた。その頃、シャーレンは「女はレーサーになれない」という因習を打ち破るべく、自分をテストするようオーナーに直談判する。だが、チームの男たちに嘲笑され……。侮辱に耐えかねた彼女は、解雇されることも厭わず、ドライバーのデビットに勝負を申し込む。誇りを掛けた戦いが、始まろうとしていた。

f:id:G-SELF:20200801113520j:plainf:id:G-SELF:20200801113552j:plain

・シャーレンさんにヒントを与える天晴。右は典型的な”あて馬”キャラ…。

(感想)シャーレンさんの実力が認められる話。そして、彼女も「大陸横断レース」に参加することになります。

 

『ノー・ガンズ・ライフ』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第14話「居場所」のあらすじ

 スピッツベルゲンのアジトで十三とヴィクターの激しい戦闘が繰り広げられていた。ヴィクターは十三の隙をつき「解体者」の二つ名が示すように、瞬時に十三の身体の解体を始める。十三の身体が軋みを上げるなか、ヴィクターは十三の過去について語り出す。拘束されて身動きができないメアリーは意外な方法で脱出を試みる。ヴィクターを倒すため、十三とメアリーは起死回生の方法をとるのだが…。

f:id:G-SELF:20200801114051j:plainf:id:G-SELF:20200801114125j:plain

・あっさりとヴィクターを倒しましたが、ヴィクターの身体は乗っ取られていました。

(感想)手ごわかったヴィクターは、十三とメアリーで倒してしまいましたが、実は本体は別にあるようです。その上、メアリーの兄である”本当のヴィクター”は、身体を乗っ取られており、今は片手の機械に潜んでいたのでした。

  

『91DAYS』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第3話「足音の行先」のあらすじ

 復讐の第一歩を遂げたアヴィリオ。だが、相討ちに見せかけたはずのセルペンテの死体が消え、アヴィリオはファミリーから疑いをかけられてしまう。ネロはアヴィリオに銃を突きつけ、セルペンテの死体を持ってくるように指示。一方、ファンゴも昨夜の襲撃に苛立ちながらセルペンテを探していた。空白の時間に一体何があったのか? 

f:id:G-SELF:20200801114737j:plainf:id:G-SELF:20200801114802j:plain

・ネロから疑われるアヴィリオでしたが、証拠がありません。

(感想)若干、主人公に都合が良すぎる気もしますが、昔のイタリアン・マフィアのイメージでしょうか。徐々に抗争が激化するなか、主人公がどう立ち回るのか興味が湧きます。あと、ファンゴっていうキャラがしぶとい系ですね。。

 

『 NO MUSIC, NO LIFE. 』 タワーレコードの公式通販

 

シドニアの騎士(あらすじ、感想、ネタバレ)

第3話「栄光」のあらすじ

 シドニアの祭り「重力祭り」が佳境を迎え、赤井班のメンバーと岐神は衛人(モリト)の模擬戦「重力杯」を勝ち抜いた。長手は、星白と縁日を楽しむ。そんな中、長道の存在が衛人操縦士たちに大きな影響を及ぼし始める。ある者は長道の戦闘を参考にし、ある者は嫉妬、そしてある者は長道に惹かれて行った。一方、司令部では攻撃した奇居子(ガウナ)がシドニアに向かっていることが報告されるが、猶予は2日しかなかった。

f:id:G-SELF:20200714234942j:plain

(感想)もう、”赤井班=四天王”死亡フラグが立ちまくってて、実にカワイそうです。。奇居子(ガウナ)があまりにも強くて絶望的になるような話でした。(ですが、長手は倒してしまうんですよね。)

 

『A.I.C.O Incarnation』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第3話「決断」のあらすじ

 謎の組織による襲撃を受けた雄哉たち。アイコと雄哉を攫ったのはマター対策庁の局長・南原によって組織された特務班であった。班長である小佐波の話から、自分が保護されたことを知るアイコ。しかし、安堵とは別に、その胸中を占めるのは雄哉たちから聞かされた情報だった。母と弟は生きているのか、自分の本当の身体はどこにあるのか――。真実を求めて、アイコは大きな決断を下す。

f:id:G-SELF:20200801115034j:plainf:id:G-SELF:20200801115056j:plain

・左が敵方の人工生体開発者・伊佐津。昏睡状態の娘がおり、”鍵”になりそうです。

(感想)自分の正体が信じられないアイコさんは、敵?のグループに身を寄せます。しかし、結局相手が信じられずに雄哉たちのグループに戻ってくる、というとても面倒くさい人です。”人工生体”が勝手に動き回る、という描写は新鮮ですね。近い将来、実現するのでしょうか?

 

 『ブラック・クローバー』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第135話「心に、心に、心に決めた人」のあらすじ

 親同士が決めた婚約者とはいえ、自分にとって大切な女性であるカルムルイヒ家のフィーネスにふさわしい男になろうと心を決めたフィンラル。ところが「女性とみると速攻で口説く女たらし」の悪癖は一向になおらず、アスタ達に協力して貰い煩悩を克服する修行をすることに。しかし、その修業とは……合コン!?一方同じ頃、シャーロット団長の恋を成就させようと”碧の野薔薇”団の団員たちもヤミ団長を呼んでの合コンをセッティング。それぞれの想いが交錯するふたつの合コンの結末は?

f:id:G-SELF:20200801115225j:plain.f:id:G-SELF:20200801115239j:plain

・セクレとノエルの”メイド服”です。作者はこれが書きたかったのでしょう(笑)

(感想)今回もバトルとは無縁の”息抜き回”でした。今回は、フィンラルとヤミ団長にまつわる”恋話”です。フィンラルは、『うる星やつら』の諸星あたる”的なキャラクターで、個人的には大好きです(笑)。

 

Yahoo!ショッピング

 

↓ よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

  

動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

「ザ・ファブル」(映画)を紹介します

ザ・ファブル』のあらすじと感想(原作マンガ、ネタバレ、キャスト・スタッフ、WOWOW映画)

f:id:G-SELF:20200725111049j:plain


 あらすじ

 どんな相手でも6秒以内に殺す。”ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会では誰もが「伝説」と恐れ、その存在の真偽さえ訝しがられる男。”ファブル”を育てあげたボス(佐藤浩市)は、あまりにハイペースで仕事をこなし続ける彼に、ある指令を与える。

 「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

 ボスには絶対服従の彼は”佐藤アキラ”という偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のフリをして大阪の街へ。

 ボスのツテで真黒カンパニーの社長=海老原(安田顕)に世話になりながらも、生まれて初めて一般社会に溶け込もうと真面目に努力し始める。街で偶然出会いバイト先を紹介してくれたミサキ(山本美月)や、バイト先の社長=田高田(佐藤二朗)とも徐々に親しくなっていき、普通の生活を満喫し始めるアキラ。「プロの普通」を目指し精進する日々だったが、周囲はアキラを放ってはおかない。

 海老原の弟分で出所したての小島(柳楽優弥)と組織の現幹部=砂川(向井理)の確執、ファブルを伝説のレアキャラのように執拗に追い続ける若き殺し屋=フード(福士蒼汰)などが少しずつ、確実にアキラの穏やかな日常に忍び寄る。

 果たしてアキラは「殺さず」の指令を守り通せるのか?そして平和な毎日は戻ってくるのか……!?

 

※画像とあらすじは公式ホームページから転載しました 

https://the-fable-movie.jp/

 

 Yahoo!ショッピング

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : 江口カン

 原作 : 南勝久

 脚本 : 渡辺雄介

 音楽 : グランドファンク

 

 ・キャスト

 ファブル/佐藤アキラ : 岡田准一

 佐藤ヨウコ : 木村文乃

 清水ミサキ : 山本美月

 フード : 福士蒼汰

 小島 : 柳楽優弥

 砂川 : 向井理

 田高田 : 佐藤二朗

 海老原 : 安田顕

 ジャッカル富岡 : 宮川大輔

 ボス : 佐藤浩市

 

 上映時間 : 124分

 

 

 映画の感想(ネタバレもあります)

・強すぎる”ひらパー兄さん”は、カッコいいが、、

 ザ・ファブル』の原作マンガは、よく通っていた”まんが喫茶”で途中まで読んでましたが、なかなか時間が無いのと新型コロナウイルスの感染予防のために”まんが喫茶”に行けていないので、私の中では中断した状態です。

 こちらの実写映画『ザ・ファブルは、原作マンガの1~7巻までを映像化したということですので、既に知っている話ですがどんな出来上がりか興味があって観てみました。上に書いたキャストの通り、軽いコメディタッチの割りには有名な俳優さんを多く起用していると思います。

 映画の全体の感想としては、7巻分を約2時間にまとめたにしては無理なくまとまっており日常(コメディ)部分は面白かったと思います。原作マンガのファブルの行動を、岡田さんは体当たりで忠実に表現してましたし、佐藤二朗さん達との絡みも良かったと思います。

また、アクションシーンもさすがにアクションのこだわりを持つひらパー兄さん”・岡田准一さんだけあって、悪くないのですが、ガンアクションが見にくい演出だったのが残念でした。

 特に、最初のヤクザを襲うシーンで、銃の軌道を可視化する演出は要らないですね。また、ラストの大人数のヤクザに追いかけられるシーンも、無駄に時間が長くリアリティに欠けると思いました。

 個人的にお気に入りのガンアクション映画は、キアヌ・リーブス主演ジョン・ウィック』シリーズですので、興味ありましたらご視聴ください。 

※『ジョン・ウィック』(映画)については下のリンクをご覧ください

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』オフィシャルサイト

ジョン・ウィック 1+2 スペシャル・コレクション<初回生産限定版>

 

・キャストについて

f:id:G-SELF:20200725111112j:plain

 上の写真の通り、原作マンガと若干イメージが違うとしても、なかなか良い配役ではないかな、と思います。何度か見せる(魅せる?)岡田准一さんの全裸シーンではマッチョボディギリギリのラインで披露されています(笑)

 個人的に感心したのが、向井さんと柳楽さんのヤクザっぷりで、特に柳楽さんはかなりの演技力でクズっぷりを発揮していました^^。

 あと、福士蒼汰さんは、主役をつけ狙う”凄腕のライバル”という配役が固定されつつありますね^^;

 

 原作まんがを知らなくても十分楽しめると思います。

”コメディ+おまけアクション”と思って観る映画ではないでしょうか。

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

※映画のブルーレイ、原作マンガはこちらからご購入ください


【送料無料】ザ・ファブル/岡田准一[Blu-ray]【返品種別A】

 


【新品・あす楽対応】ザ・ファブル 全巻(1〜22巻)セット / 南勝久

 

U-NEXT

 

2020年・夏アニメの感想②(ざっくりしたあらすじと感想)

2020年・夏アニメの感想②

 7月から新たに始まったアニメや再開したアニメを何本か観ましたので、ざっくりとしたあらすじと感想を書き綴りたいと思います。下の記事では紹介していなかったアニメや再放送のアニメも観てみたので、それらについても書いてます。

※画像は各アニメの公式HPより転載しました 

 

※よろしければ、前回の記事もご参照ください 

g-self.hatenablog.com

 

アニメイトオンラインショップ

 

デカダンス(あらすじ、感想、ネタバレ)

 第2話「sprocket」のあらすじ

 凄まじい力で《ガドル》たちを倒すカブラギと、生まれて初めて体験する戦場に放心状態のナツメ。その一方で、ナツメたち人類には隠された世界の正体が明らかになり……。

f:id:G-SELF:20200723091908j:plainf:id:G-SELF:20200723091930j:plain

・左のオジサン=カブラギの”正体(本体)”が、右の機械生命体のようです。

(感想)冒頭から、「違うアニメ始まった?」かと勘違いするような内容が展開したのですが、どうやらそれが、この”世界の正体”であるようです。珍しい話ですね。

 

バキ 大擂台賽編(あらすじ、感想、ネタバレ)

 第3話「復活ッッ!!」のあらすじ

 刃牙と李海王との対決が劇的な決着を迎え、大擂台賽は新たな局面に入る。前回の大擂台賽覇者であり、生ける伝説と呼ばれる郭海皇ムエタイの使い手、サムワン海王と対決する。

f:id:G-SELF:20200723092108j:plainf:id:G-SELF:20200723092135j:plain

・”最凶死刑囚編”に出てきたビスケット・オリバとドリアン(海王)が登場ですっっ!

(感想)刃牙は大量の砂糖水を飲んで”完全復活ッッ!!”です。ドリアンさんの挙動とか、なんか放送禁止レベルなんですけど…。次回は、「ミスター・アンチェイン」オリバさんの見せ場でしょうか?
 

アニメイトオンラインショップ

 

『天晴爛漫!』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第3話までを再放送中です。

(感想)続きが早く観たい。

 

『ノー・ガンズ・ライフ』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第14話「依頼人のあらすじ

 メアリーが再会を果たした実の兄・ヴィクターは、彼女が知るかつての彼とは大きく変わっていた。困惑するメアリー。十三とも深い因縁があり、彼も驚きを隠せなかった。スピッツベルゲンの襲撃を退けた十三とメアリーはヴィクターの捜索に九星窟に向かう。その途中、十三はヴィクターから受けた、メアリーにまつわる依頼の話をする。ヴィクターのアジトにたどり着き、その真意を問いただそうとするが、そこにEMSが姿を現す。

f:id:G-SELF:20200724091634j:plainf:id:G-SELF:20200724091736j:plain

・左画像が幼少期にヴィクターとメアリー。右が現在のヴィクター…。

(感想)十三に、妹・メアリーを守るように依頼した”依頼人”がヴィクターでしたが、すっかり変り果ててしまったようです。(姿も…)敵の黒幕らしき人物も登場して、物語が動き出しそうです。

  

『91DAYS』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第2話「いつわりの幻影」のあらすじ

 娘のフィオとロナルドの結婚式で賑わうドン・ヴィンセントの屋敷。その華やかなパーティーの裏で、ファミリーは不穏な空気に包まれていた。ここ最近、オルコファミリーとの関係が悪化している。特に仲間を殺されたヴァンノは怒りが収まらない。そこでネロはファンゴを襲撃する作戦を提案。その大役をアヴィリオが引き受けることに…。

f:id:G-SELF:20200724094602j:plainf:id:G-SELF:20200724094631j:plain

・『ゴッド・ファーザー』のような結婚式のシーンで、”仇”に近づくアヴィリオ。

(感想)やはり面白いですね。家族を殺した”敵討ち”を目論むアヴィリオが、どのように復讐を成し遂げるのか見ものです。復讐するターゲットは3人です。

 

『 NO MUSIC, NO LIFE. 』 タワーレコードの公式通販

 

シドニアの騎士(あらすじ、感想、ネタバレ)

第2話「星空」のあらすじ

 谷風長道たち訓練生は、資源の採掘任務を命じられて小惑星へ出撃する。任務は簡単なものであるはずだったが、採掘地点に奇居子(ガウナ)が出現。奇居子への唯一の対抗兵器・カビザシを持たず、為す術の無い訓練生たち。艦長は奇居子を少しでも遠ざけようと、シドニアに搭載された重質量砲の発射を命令する。

f:id:G-SELF:20200714234942j:plain

・映画上映前の宣伝を兼ねた再放送でしょう。

(感想)奇居子(ガウナ)と衛人(もりと)の戦闘シーンは迫力があって「◎」ですね。”光合成”が出来る人間になったら便利だろうなぁ。。

 

『A.I.C.O Incarnation』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第2話「標的」のあらすじ

 雄哉の活動拠点へと連れてこられたアイコ。出迎えたのは人工生体の開発者・黒瀬と、ダイバーの篠山だった。そこでアイコは、自身の身体が偽物――人工生体であることを告げられる。さらに死んだはずの家族が生きていることを知り、動揺するアイコ。バーストを収束させるためにも、プライマリーポイントへ一緒に来て欲しいと話す雄哉だが、戸惑うアイコは…。一方、彼らに新たな危機が迫ろうとしていた。

f:id:G-SELF:20200724095547j:plainf:id:G-SELF:20200724095507j:plain

・左が人工生体開発者・黒瀬。それっぽい雰囲気です。そして、右が”ダイバー”女性チームのハルカとカエデです。どこかで観たことあるような…

(感想)アイコが連れてこられた理由と、アイコの秘密が明かされますが、それを受け入れられないアイコにちょっとイラつきます…。それよりも、上右画像の2人は、どうみてもふたりはプリキュア』の”なぎさ”と”ほのか”ではないですか!?大人になって、賞金かせぎになったんですね~(笑)。

f:id:G-SELF:20200724100359j:plain

 

『ブラック・クローバー』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第134話「集められた者たち」のあらすじ

 アスタとノエルが、突然アジトにやってきたメレオレオナにまたもや連行されてしまった。ふたりが連れてこられたのはメレオレオナ姉弟の実家・ヴァ―ミリオン邸。そこには、フエゴレオン団長とキルシュ&ミモザの兄妹、元・魔法騎士団員”紅蓮の女豹”ことシスター・テレジアがいた。新たな任務かと緊張するアスタたち。ところが、フエゴレオン団長から伝えられたのは思いもよらないことで…!?

f:id:G-SELF:20200724092917j:plainf:id:G-SELF:20200724092934j:plain

(感想)ようやく放送再開されたので、久しぶりに視聴しましたが、今回はバトルとは無縁の”息抜き回”でした^^;。スペード王国との戦いはどうなった!?

 

Yahoo!ショッピング

 

↓ よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

  

動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

「ゴジラ・星を喰う者」(アニメ映画)を紹介します

ゴジラ・星を喰う者』のあらすじと感想(第3章、ネタバレ、キャスト、アニメ、WOWOW映画)

f:id:G-SELF:20200718172133j:plain


 あらすじ

 扉が開かれ、黄金の刻印が星を切り裂く。

 21世紀初頭、ゴジラに地球を奪われた人類は、一部の人類を他恒星系への移住に送り出すも、計画は失敗に終わる。失意のまま地球へと帰還した人類を待ち受けたのは、2万年後の変り果てた姿になった地球だった。あらゆる動植物がゴジラ細胞を持つ<怪獣惑星>と化した地球。そこに君臨するのは体高300mを超える史上最大のゴジラゴジラ・アース>だった。

 ゴジラ討伐に執念を燃やす主人公・ハルオは、人類の遠い子孫である種族フツアと出会う。ハルオたちは、フツアの双子の姉妹マイナとミアナの導きにより対G決戦兵器・メカゴジラの残骸が、増殖を続けていることを発見。残骸を構成するナノメタルを使って武装要塞都市<メカゴジラシティ>を起動させ、<ゴジラ・アース>に挑む。

 この作戦の中、かねてより共存してきた異星人種族の1つビルサルドと人間たちとの亀裂が表面化する。ビルサルドのリーダー・ガルグの「ゴジラを倒すためならば”ヒト”を超えた存在へ」という信念に対し、ハルオは「怪獣を倒すために自らも怪獣になってはいけない。”人”として打ち勝つべき」という信念を捨てられなかった。ついには、<ゴジラ・アース>を倒す唯一のチャンスを捨て、ハルオはガルグを葬ってしまう。一方、ハルオの幼馴染であるユウコはビルサルドによる人体の強制ナノメタル化により、脳死状態に陥ってしまった。

 人間たちに広がる敗北感と虚無感。もう一方の異星人、宗教種族エクシフの大司教・メトフィエスはハルオが戦いに生き延びたことは”奇跡”だと唱え、信者を増やしていく。それはエクシフが秘め隠してきた”究極の目的”のためだった。そんなメトフィエスを警戒するミアナとマイナ。そして、ハルオは自らが”人”として何を為すべきか自問する。やがて、<ゴジラ・アース>を打ち倒す者がいなくなった地球に、金色の閃光を纏った<ギドラ>が降臨し、天地を揺るがす超次元の戦いが始まる。

 ”ゴジラ”とは何か。”人”が為すべきことは何か。ハルオが目にする未来とは―――。

 最終章で、そのすべてが明らかになる。

※画像とあらすじは公式ホームページから転載しました 

<全三部作:最終章>アニメーション映画『GODZILLA 星を喰う者』OFFICIAL SITE

 

 Yahoo!ショッピング

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : 静野孔文 、 瀬下寛之

 原案、構成、脚本 : 虚淵玄ニトロプラス

 音楽 : 服部隆之

 アニメーション制作 : ポリゴン・ピクチュアズ

 

 ・キャスト

 ハルオ・サカキ : 宮野真守

 メトフィエス : 櫻井孝宏

 ユウコ・タニ : 花澤香菜

 マーティン・ラッザリ : 杉田智和

 アダム・ビンデバルト : 梶裕貴

 エンダルフ : 山路和弘

 マイナ : 上田麗奈

 ミアナ : 小澤亜季

 

 上映時間 : 91分

 

 

歴代ゴジラと大きさを比較

 映画の感想の前に、黒猫サンタさんに頂いたコメントから、ふと気になったので、歴代のゴジラスーパーロボットなどの大きさを比較してみます。

ゴジラ編>

 初代ゴジラ&昭和時代のゴジラ(1954年~1975年):50m

 平成時代のゴジラ①(1984年~1989年):80m

 平成時代のゴジラ②(1991年~1996年):100m

 ハリウッド版ゴジラ①(1998年):60m

 シン・ゴジラ(2016年):118m

 ハリウッド版ゴジラ②(2019年):119.8m ←以前にレビューしました

 ゴジラ・アース(2017年):300m ←今回レビューしている作品です

 ※以前にレビューしたハリウッド版ゴジラ②の記事です

g-self.hatenablog.com

 

スーパーロボット編>

 ドラえもん:1.293m

 マジンガーZ:18.0m

 ガンダム:18.0m

 エヴァンゲリオン初号機:40.0m

 イデオン:105m

 マクロス(強攻型):1,210m

 イデオンが意外と小さかったです。シン・ゴジラと同じくらいだったんですね。そして、マクロスはデカかったぁ。でも、ゴジラを倒す可能性があるのは、イデオンだけですね^^;

 

映画の感想(ネタバレもあります)

・”怪獣バトル”は全く無し!賛否両論あるでしょう…

 でも、こういう”ゴジラ”もあっても良いかもしれない

 ゴジラは、文明の野放図な拡大・拡張路線を考えるための象徴なのですから、色々な表現があっても良いと思います。ハリウッド版の「ゴジラvsキングギドラ」であるゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(上のレビュー参照)のように、迫力のある怪獣バトル文明破壊で恐怖を表現しても良いし、このゴジラ 星を喰う者』のように、ゴジラに支配された地球と人類の終焉を描く手法もアリだと思います。

 ただ、ハリウッド映画よりも圧倒的に”地味”で、興行収入などの成功は見込めないでしょうね^^;個人的にはキライではありませんが、こういうラストは一般にはウケないと思いますので、仕方ありませんね。

f:id:G-SELF:20200720224349j:plain

ナノメタルに侵入されたユウコは、もう目覚めることはありません。。

 ストーリーとしては、前回のハルオの決断によりビルサルドが反乱を起こしてしまい、アラトラム号は航行不能に陥ります。地球人の中に不安が広がるなかで、エクシフによる洗脳が進み、遂には、彼らの”神”である異次元生命体「ギドラ」を召喚することに成功します。出現した「ギドラ」はアラトラム号を撃沈させ、さらに地上に転移してゴジラ・アース」を吸収しようとします。

f:id:G-SELF:20200720224909j:plain

ブラックホールを”門”にして出現する「ギドラ」

 

 異次元の存在であるギドラはあらゆる攻撃が素通りしてしまうのに、こちらの世界にあるものには攻撃が出来るというチート能力を持ってます。そのせいで、ゴジラvsキングギドラバトルが非常に地味になってしまいましたが…。CGによる”絵”はキレイなので勿体なかったですね。

f:id:G-SELF:20200720225424j:plain

ゴジラ・アースを一方的に攻撃するキング・ギドラ

 

 ギドラのチート能力”鍵”を握るのは、エクシフの神官であるメトフィエスでした。メトフィエスは、ハルオにもギドラを受け入れるように誘惑するのですが、フツアのマイナマーティンの助けを得ることで誘惑を打ち負かすことが出来ました。

f:id:G-SELF:20200720230106j:plain

メトフィエスの目的は、地球全てをギドラに捧げることでした。

f:id:G-SELF:20200720230219j:plain

ハルオの名前には、重要な意味がありました。

 

 メトフィエスの敗北とともにギドラもゴジラ・アースに敗れ、地球はギドラの脅威から守られました。

 もう、ゴジラ対抗する術も文明も失ってしまったハルオ達は、地球でフツアと暮らすことを受け入れました。そんなある日、マーティンが再び”ナノメタル”を起動させたことを知ったハルオの下した結論は…。

 

 ”ゴジラ”という存在を新しい視点で描いていて、個人的には好みの映画でした。

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

※映画のブルーレイはこちらからご購入ください


【送料無料】GODZILLA 星を喰う者 Blu-ray スタンダード・エディション/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】

 

U-NEXT

 

「ゴジラ・決戦機動増殖都市」(アニメ映画)を紹介します

ゴジラ・決戦機動増殖都市』のあらすじと感想(第2章、ネタバレ、キャスト、アニメ、WOWOW映画)

f:id:G-SELF:20200718164423j:plain


 あらすじ

 21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星e」を目指した。しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「2万年後の地球」に変えてしまっていた。その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、20年間考え続けた「対ゴジラ戦術」をエクシフとビルサルド、2種族の異星人と共に実行し、決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功する。

 しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラゴジラ・アース>が姿を現す。2万年もの間成長を続け生き永らえ、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。そしてハルオを救ったのは、人類の生き残りと目される「フツア」の民、ミアナだった。フツアはこの地球で初めて出会った人型の生命種族である。彼らは人類の子孫なのか――。「フツアの神もゴジラに敗れ、今は卵を残すのみ、挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える」という彼らにハルオは、「これは、人類の手に地球を取り戻す、最後のチャンスなんだ」と語り返す。

 一方、ビルサルドの指揮官・ガルグは、フツアの持つ矢じりが”自律思考金属体=ナノメタル”で出来ていることに気がつき歓喜する。それは、21世紀に彼らが富士山麓で「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された<メカゴジラ>を構成するものと同じ物質であり、その開発プラントが今もなお残っている証だった――。

※画像とあらすじは公式ホームページから転載しました 

<全三部作:最終章>アニメーション映画『GODZILLA 星を喰う者』OFFICIAL SITE

 

 Yahoo!ショッピング

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : 静野孔文 、 瀬下寛之

 原案、構成、脚本 : 虚淵玄ニトロプラス

 脚本 : 村井さだゆき 、 山田哲弥

 音楽 : 服部隆之

 アニメーション制作 : ポリゴン・ピクチュアズ

 

 ・キャスト

 ハルオ・サカキ : 宮野真守

 メトフィエス : 櫻井孝宏

 ユウコ・タニ : 花澤香菜

 マーティン・ラッザリ : 杉田智和

 アダム・ビンデバルト : 梶裕貴

 ムルエル・ガルグ : 諏訪部順一

 リルエル・ベルベ : 三宅健太

 マイナ : 上田麗奈

 ミアナ : 小澤亜季

 

 上映時間 : 101分

 

※よろしければ、第1章の紹介記事もご覧ください

g-self.hatenablog.com

 

 

 映画の感想(ネタバレもあります)

・新しい「ゴジラvsメカゴジラ」は予想外の戦いです

 第1章でゴジラ」を倒した思いきや、地中から出現したのは”真のゴジラシン・ゴジラではなく)であるゴジラ・アース>でした。倒したのはゴジラの亜種であり、21世紀に人類を地球から追い出したゴジラは、2万年の間地球に君臨し続けて300メートルという巨大なサイズに成長していました。その攻撃は、衛星軌道上で待機している移民船・アラトラム号にも届くほどの脅威です。

f:id:G-SELF:20200718202339j:plain

 

 そんな、圧倒的なゴジラ・アース>を目の当たりにしても、ゴジラを駆逐するという執念に燃えるエレンハルオは、命を救ってくれた人型生命体のフツアの協力を得て、地球に残存していた”ナノメタル”メカゴジラで再び<ゴジラ・アース>を駆逐することに挑みます。ちなみに、フツアとは人類に味方した怪獣モスラ”の卵を神とあがめる人類の子孫たちです。

f:id:G-SELF:20200718200043j:plain

矢じりがビルサルドの技術”ナノメタル”であることを発見したガルグたち

f:id:G-SELF:20200718200415j:plain

フツアの双子の姉妹がハルオの命を救いました。

 ゴジラが支配する地球に残っていたメカゴジラ意外な姿をしていました。それは、自己増殖して”巨大な要塞都市”となって”主の帰還”を待っていました。

 無限に増殖する”ナノメタル”を使って、パワードスーツをグレードアップした”ヴァルチャー”という機動兵器や対ゴジラ兵器としてEMPプローブを巨大な<ゴジラ・アース>用にグレードアップした”EMPハープーン”も作り出し、<ゴジラ・アース>との決戦に備えます

f:id:G-SELF:20200718201057j:plain

”ナノメタル”によって大幅に性能を上げたヴァルチャー

f:id:G-SELF:20200718201202j:plain

強大な都市そのものが”メカゴジラ”であり、ビルサルドの科学力でゴジラに挑む

 ヴァルチャーで<ゴジラ・アース>を誘導し、”ナノメタル”でその足止めを行って背中にEMPハープーンを突き刺すことでゴジラを内部から破壊する作戦です。ちょっとヤシオリ作戦に似て無くもないですね。

 <ゴジラ・アース>の足止めに成功し、EMPハープーンを打ち込もうとしたのですが、ゴジラ自身が高熱を発することで完全に防御してしまいます。EMPハープーンでの攻撃を諦めたガルグたちビルサルドは、メカゴジラ”と同化して全身を”ナノメタル”化することで<ゴジラ・アース>にトドメを刺そうと、ハルオたちヴァルチャーでの特攻を求めます。

 人を捨ててゴジラを倒すのが正しいのかハルオが苦悩した末に出した結論は?

f:id:G-SELF:20200718202408j:plain

足止めした<ゴジラ・アース>は高熱を発して”メカゴジラ・シティ”に反撃します

f:id:G-SELF:20200718202450j:plain

ハルオとユウコはそれぞれ”ヴァルチャー”の乗り込みますが…。

 

 ゴジラを倒すのか人として生き残るのか、ハルオの選択が正しいのかどうかは意見が分かれるところでしょう。

 第3章に続きます。

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

※映画のブルーレイはこちらからご購入ください


【送料無料】GODZILLA 決戦機動増殖都市 Blu-ray スタンダード・エディション/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】

 

U-NEXT

 

「ゴジラ・怪獣惑星」(アニメ映画)を紹介します

ゴジラ・怪獣惑星』のあらすじと感想(第1章、ネタバレ、キャスト、アニメ、WOWOW映画)

f:id:G-SELF:20200626230202j:plain


 あらすじ

 巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけて辿り着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予想値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。

 移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。

 だが、帰還した地球は、既に2万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。

 果たして、人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

※画像とあらすじは公式ホームページから転載しました 

<全三部作:最終章>アニメーション映画『GODZILLA 星を喰う者』OFFICIAL SITE

 

 Yahoo!ショッピング

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : 静野孔文 、 瀬下寛之

 原案、構成、脚本 : 虚淵玄ニトロプラス

 音楽 : 服部隆之

 アニメーション制作 : ポリゴン・ピクチュアズ

 

 ・キャスト

 ハルオ・サカキ : 宮野真守

 メトフィエス : 櫻井孝宏

 ユウコ・タニ : 花澤香菜

 マーティン・ラッザリ : 杉田智和

 アダム・ビンデバルト : 梶裕貴

 ムルエル・ガルグ : 諏訪部順一

 エリオット・リーランド : 小野大輔

 

 上映時間 : 89分

 

 

 映画の感想(ネタバレもあります)

・「シドニアの騎士」と「進撃の巨人」を足したような…

 今さら、「ゴジラ」をアニメ化してもな…、と思いながら観始めましたが、原案・脚本が『サンダーボルト・ファンタジー』の虚淵玄さんと分かり、俄然興味が湧いてきました。

※『サンダーボルト・ファンタジー』については過去記事をご参照ください 

g-self.hatenablog.com

 

 この世界のゴジラは、異星人と連合した地球人類や、他の怪獣を駆逐して地球を生態系から支配してしまっています。地球を追い出された人類連合は、シドニアの騎士のように生存可能な惑星を求めて宇宙を彷徨っていましたが、諦めて地球に帰還することになります。あらすじに書いたとおり、帰還した地球では既に2万年もの年月が経過しており、地球の生態系もすっかり変化していました。

f:id:G-SELF:20200717222725p:plain

地上の文明を破壊しつくすゴジラ

f:id:G-SELF:20200717222851p:plain

人類連合を載せた移民船『アラトラム号』

 地球で暮らすためには、今度こそゴジラ”を駆逐しなくてはならず、ゴジラに強い憎しみを持つ青年・ハルオ大尉は、地球人の降下部隊隊長・リーランド大佐”エクシフ”の神官・メトフィエス”ビルサルド”ガルグ中佐たちの協力を得て、”ゴジラ”殲滅に挑みます。

f:id:G-SELF:20200717225222p:plain

ゴジラを駆逐すること”に執念を燃やすサカキ大尉

 ”ゴジラ”の支配する地球に降下する部隊の隊長・リーランド大佐のCV小野大輔さん調査兵団・エルヴィン団長なので、ついつい進撃の巨人」を連想してしまいます。(ハルオ大尉のキャラもエレンに似てる)また、巨大なゴジラに立ち向かう人類が機動兵器=ホバーバイクで動き回るところや、ゴジラにトドメを刺す(文字通り)”EMPプローブ”が”雷槍”に似ているところも進撃の巨人」を連想させます。

f:id:G-SELF:20200717230456j:plain

ホバーバイクでゴジラの周りを飛び回ります

f:id:G-SELF:20200717230522j:plain

このパワードスーツの腕に”雷槍”のような”EMPプローブ”が付いてます

 多くの犠牲を出しながら、ハルオ大尉が考えた作戦通り、見事にゴジラ”を駆逐した人類でしたが、喜びもつかの間信じられない事態が生じてしまいます。

 そうです、この映画は「全3部作」の第1部なので、ここで”ゴジラ”を倒してしまうことは出来ませんでした。絶望的な状況のまま終わってしまいますが、第2部ではどのような展開が待っているのでしょうか?

f:id:G-SELF:20200717231306j:plain

CGで描かれたゴジラが、無機質で無慈悲な”怖さ”を強調させています

 

 ちなみに、スター・トレック」の”バルカン星人”を連想させる異星人・エクシフと、クリンゴン星人”を連想させる異星人・ビルサルドは、それぞれ次回以降に「ゴジラ」シリーズで有名な”アノ怪獣たち”深い関係があります。そういう意味でも、間違いなくゴジラ」の系譜を受け継ぐ映画だと思います。

f:id:G-SELF:20200717224241p:plain

”バルカン星人”のように宗教的でもの静かな「エクシフ」

f:id:G-SELF:20200717224844p:plain

科学文明が発達し、好戦的な”クリンゴン星人”を連想させる「ビルサルド」

 

 CGアニメは苦手ですが、「シドニアの騎士」と同じポリゴン・ピクチュアズなので大丈夫でした。全3部作のなかで人類はどのような結末を迎えるのでしょうか?

 第2部に続きます。

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

※映画のブルーレイはこちらからご購入ください


【送料無料】GODZILLA 怪獣惑星 Blu-ray スタンダード・エディション/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】

 

U-NEXT

 

2020年・夏アニメの感想①(ざっくりしたあらすじと感想)

2020年・夏アニメの感想

 7月から新たに始まったアニメや再開したアニメを何本か観ましたので、ざっくりとしたあらすじと感想を書き綴りたいと思います。下の記事では紹介していなかったアニメや再放送のアニメも観てみたので、それらについても書いてます。

※画像は各アニメの公式HPより転載しました 

 

※夏アニメの紹介記事もご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

アニメイトオンラインショップ

 

デカダンス(あらすじ、感想、ネタバレ)

 第1話「ignition」のあらすじ

 遥か未来、未知の生物《ガドル》の侵攻によって絶滅寸前へと追いやられた人類は、移動要塞《デカダンス》内部で暮らしつつ、必死の抵抗を続けていた。幼い頃から戦士に憧れて育った少女・ナツメは、現実主義者で無気力な装甲修理人・カブラギの元へと配属され、清掃に追われる日々を送る。そんなある日、作業中に《ガドル》との戦闘に巻き込まれてしまったナツメが見た光景は、次々と《ガドル》を倒していくカブラギの姿だった。

f:id:G-SELF:20200714224307j:plainf:id:G-SELF:20200714224332j:plain

主役は左のオジサンで、ヒロインが右の少女。《ガドル》という怪物との戦闘は、生身に空中移動という、進撃の巨人”・立体機動スタイルですね。最近は、このスタイルが流行りなのでしょうか。

f:id:G-SELF:20200714224421j:plainf:id:G-SELF:20200714224446j:plain

・右が《ガドル》という怪物で、カラフルで形もバラバラエウレカセブン”の「コーラリアンを思わせます。そして、左が主人公たちが生活するデカダンス》の戦闘形態です。巨大な《ガドル》を倒す武器『パンチ』です(笑)。

(感想)どこかで観たことあるような要素が多いアニメですね。どんな”謎”が秘められているのか?しばらく見続けてみますが、途中でやめるかも^^;。

バキ 大擂台賽編(あらすじ、感想、ネタバレ)

 第2話「裏返り」のあらすじ

 とうとう始まった大擂台賽。今までベールに包まれていたマホメド・アライJrの真の実力が明らかになる。そして、刃牙の一回戦の相手はよりにもよって毒手の使い手である李海王だった。

 

f:id:G-SELF:20200714232155j:plainf:id:G-SELF:20200714232224j:plain

毒手を受けて”すごいよ!マサルさん”の「キャシャリンのようになってしまった刃牙でしたが、新たな”毒”を受けたことや梢江さんの涙?を受けて、”毒””裏返って”しまいました!刃牙から出た血液の量も多いけど、梢江さんから出る涙と鼻水の量も多過ぎでしょ^^;。

(感想)CGアニメでないので観やすく、ストーリーもぶっ飛んでいてやはり面白いですね。第1話を見逃してしまいましたが、途中からでも楽しめます。続きが楽しみです。
 

アニメイトオンラインショップ

 

『天晴爛漫!』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第3話までを再放送中です。

(感想)続きが早く観たい。

 

『ノー・ガンズ・ライフ』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第13話「転換点」のあらすじ

 乾相談所が反拡張主義の「スピッツベルゲン」に襲撃される。彼らは十三がローサから手に入れたデータを目的としており、鉄朗とクリスが人質として拉致されてしまう。メアリーは突如現れたレフティに促されるまま進むと、意外な人物に遭遇する。それは、彼女の兄であるヴィクターだった。ヴィクターはスピッツベルゲンのテロ部隊の一員となっており、拡張体を瞬時にバラバラにしてしまうことから「解体者」と呼ばれていた。

f:id:G-SELF:20200714230816j:plainf:id:G-SELF:20200714230843j:plain

・左が兄のヴィクターで、右が妹のメアリーっす。

(感想)敵と味方が入り乱れてて、ぼんやり観てると人間関係や展開がよく分からなかったりします。。面白いのか面白くないのか、まだ分からないですねぇ。

  

『91DAYS』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第1話「殺人の夜」のあらすじ

 ある誕生日の晩、少年の幸せな生活は突然終わりを迎えた。マフィアの抗争により目の前で両親と弟を殺された少年アヴィリオ。7年後――差出人不明の一通の手紙を読み、静かに嘲笑うアヴィリオ。その手紙をきっかけに、彼はローレスの街へと舞い戻る。そして幼馴染のコルテオと再会し、ヴァネッティファミリーに密造酒を卸そうと持ち掛けるのだった。

f:id:G-SELF:20200714235826j:plainf:id:G-SELF:20200714235857j:plain

・家族をマフィアに殺された少年アヴィリオは、マフィアへの復讐を開始します

(感想)2016年に放送されたオリジナルアニメの再放送です。何となく録画してみたら、意外と面白そうです。「ゴッドファーザー」「アンタッチャブル」のような禁酒法時代のアメリカが舞台で、大人向けのアニメみたいです。続きが楽しみです。

 

シドニアの騎士(あらすじ、感想、ネタバレ)

第1話「初陣」のあらすじ

 シドニアの地下で祖父にひっそりと育てられた谷風長道(たにかぜながて)。祖父の死後、食料が尽きて地上へ出るも、米を盗もうとして逮捕されてしまう。しかし、なぜか保護され人型巨大装甲・衛人(もりと)の操縦士訓練学校に入学するという意外な展開となる。学校で待ち受けていたのは、初めて交流することになる祖父以外の人間たち。一方、シドニアの前には奇居子(ガウナ)が100年ぶりに姿を現そうとしていた。

f:id:G-SELF:20200714234942j:plain

・こちらも再放送アニメです。映画上映前の宣伝を兼ねたものでしょう。

(感想)原作マンガを全巻読みましたので、復習のつもりでアニメも観ます。CGアニメですが、この作者の絵柄だとあまり気になりませんね。”衛人(もりと)”がカッコいいので楽しみです。

 

『A.I.C.O Incarnation』(あらすじ、感想、ネタバレ)

第1話「接触のあらすじ

 2年前、黒部峡谷で起きた人工生体の研究中の大事故・バースト。その事故に巻き込まれ、家族を失った15歳の橘アイコは、悲しみを振り払うよう懸命にリハビリを続けていた。病院生活にも慣れ、明るい友人に囲まれ、平穏な日々を少しずつ取り戻していくアイコ。そこへある日、一人の転校生がやってくる。神崎雄哉と名乗る彼は、アイコが入院する桐生病院に検査を受けにきたというが・・・。

f:id:G-SELF:20200715222632j:plainf:id:G-SELF:20200715222655j:plain

・右の戦闘シーンから、突然左の日常にシーンが移行するのに驚かされます

(感想)Netflixで配信されたアニメを地上波でも放送することになったようです。こちらも何となく録画してみたのですが、意外と面白い展開でした。絵もキレイなので、続きが楽しみです。

 

Yahoo!ショッピング

 

↓ よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

  

動画配信ならTSUTAYA!

30日間無料お試しキャンペーン実施中