G-SELFの趣味をカタる部屋

映画(主にWOWOW)とかアニメの紹介と感想を書いていきたい。あと、スイーツや雑学とかも。

2021年秋アニメ(第6話)のあらすじと感想

2021年の秋アニメ(新番組、アニメ紹介、あらすじ、感想、オススメ、少しネタバレ)

 ・秋アニメの第6話を観た(個人的な)感想レビューです。

 

☆前回の「秋アニメ」紹介記事です。

g-self.hatenablog.com

 

 10月から始まった秋アニメの、今回は第6話のあらすじと感想を投稿します。

 また、感想コメントにはネタバレや批判的な内容が含まれていますので、気に入らないかたはご遠慮ください。

 

・個人的に、今後が楽しみな作品は?

 紹介していく順番は、個人的に面白いと思った順番になっています。今後も期待して観つづけたいという◎作品は5本です。この5本のうち上位3本は本当に面白いので、未視聴の方は是非とも観て欲しいと思います。そして、イマイチだけどまだ続きを観るつもりという▲作品は3本で、もう続きを観る気が無くなった×作品は0本でした。

※各番組のあらすじと画像は、公式ホームページより転載させて頂きました。

 

◎さんかく窓の外側は夜

(第6話「信疑」のあらすじ)遺族訪問に出向いた半澤は、十数年前、出会ったばかりの頃の子供だった冷川のことを思い出す。「信じる力」が沢山の人々滅ぼすのを見てきたという冷川は、「ぼくのための運命」に出会うのを信じているのだという。かつて冷川は、母親に力を見いだされ、「てのひら研究会」と呼ばれる特殊な集会の象徴的な立場にあった。

f:id:G-SELF:20211127221541j:plain

(感想)前回に続き、過去話です。今回は冷川くんの生い立ちが明らかになります。生まれながらに霊能力を持っていた冷川少年は、怪しい宗教を信じる母親(毒親)のせいで普通の人生を送ってこなかったようです。一種の虐待を受けていた、と言えますね。そして、理想の出逢いが三角くんとの出逢いだったようです。いまどきの少女マンガは、なかなかエグいストーリーなんですねぇ。侮れません。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「さんかく窓の外側は夜」公式サイト

 

◎王様ランキング

(第6話「冥府の王」のあらすじ)冥府の王・デスハーのもとに連れていかれるボッジとカゲ。ボッジを強くしてもらうために探していた人物がデスハーだと思ったカゲは、ボッジを鍛えて欲しいと頼み込む。ボッジは、その実力を見せるため冥府騎士団の隊長と手合わせをすることに。

(感想)意外とイイ人だったベビンさんの指示で、ボッジを強くする修行のために冥府の王に会いましたが、実はこれがカゲの勘違いだったのでした。王ではなくて、王の弟が会うべき人物だったのです。どんな修行になるのか楽しみですね。一方で、ボッジを守るイイ人かと思っていた「王の槍」アピスは、怪しい鏡の魔女の味方になってしまいました。ダイダくんはどうなってしまうのでしょう?

 

☆番組公式ホームページです

アニメ「王様ランキング」公式サイト

 

◎海賊王女

(第6話「混乱の蒼い船」のあらすじ)採掘所に閉じ込められた雪丸たちは、ランブルローズに捕らえられたフェナを追いかけるため、脱出を図る。一方、フェナが連れていかれたのは、アベル率いるイギリス海兵隊の船だった。アベルはフェナを客室へと案内し、ゴブリンの剣士について、そしてフェナの母のことを語る。そしてフェナは、侍たちの真の目的を知る。

f:id:G-SELF:20211127221845j:plain

(感想)前回、冒険の目的は「エルドラド=財宝」と言ってましたが、真相は違っていました。もっと壮大で面白い展開です。雪丸たち侍=真田家の人達は、もう数世紀前から世界中を旅して、失われた”3種の神器:草薙の剣”などが隠された「秘密の場所=エデン」を捜していたのでした。しかも、平和に見えていた彼らは、戦争で暗躍する畏怖すべき存在だったのです。いやいや、急激に私好みのシビアな展開になってきましたよ。今後の展開が、とても楽しみになってきました!

 

☆番組公式ホームページです

オリジナルアニメーション『海賊王女』公式サイト

 

86-エイティシックス- 第2クール

(第17話「忘れません」のあらすじ)大規模攻勢を凌ぐも、突然の長距離砲撃により、甚大な被害を受けたギアーデ連邦の前線部隊。敵の兵装は「電磁加速砲」と推定された。かつてシンたちスピアヘッド戦隊を半壊させた、フレデリカの騎士――。かつてない強力な〈レギオン〉に、連邦はある決断を下す――。明日訪れるかもしれない死への緊張感に包まれる連邦軍人たちの中、しかしシンはどこか心ここに在らずな様子で……。

(感想)シンの特異能力が正式に認められ、そのせいもあって圧倒的な破壊力の電磁加速砲への特攻任務に選ばれてしまいました。まぁ、人類が生き残る可能性は、彼の能力に頼るのが一番高そうですからね。それにしても過酷な戦いですねぇ。。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「86―エイティシックス―」公式サイト

 

ポプテピピック(リミックス版)

(第6話「第30期電脳戦」のあらすじ)相変わらず、”あらすじ”なんて特にありません。

(感想)懐かしいパロディが次々登場します。ブルゾンはどこへ…。あと、ヘルシェイク矢野は次回も出演します。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト

 

▲終末のワルキューレ

(第6話「華麗なる模倣」のあらすじ)意気揚々と第2回戦に登場したゼウスに対し、アダムは、戦乙女〈ワルキューレ〉七女・レギンレイヴと神器錬成し、メリケンサックを手にする。そして、拳vs拳の対決が幕を開けた。凄まじいゼウスのパンチを軽々とかわし、その全ての技を神虚視(かみうつし)して模倣するアダム。その驚異的な能力の秘密は、アダムの出生にあった――。

(感想)予想外に善戦するアダムさん。人類の始祖は、”神の似姿”だから神々のワザを目にするだけでコピーできるらしい。”写輪眼”ですね。いや、そんな能力ある訳ないやん!と突っ込みたいけど、ぐっと堪えて様子を見てみます。ちなみに、ワルキューレレギンレイヴは『86』の新型戦闘マシンと同じ名前ですね。

☆番組公式ホームページです

アニメ『終末のワルキューレ』公式サイト

 

プラチナエンド

(第6話「苦渋の二択」のあらすじ)連続女子中学生殺人犯・少女Aが、収監先から脱走した。メトロポリマンが他の神候補を誘い出すため、翼と矢を与えて脱走させたのだと、明日(ミライ)たちは推測する。次の神となるために手段を選ばぬメトロポリマンの卑劣さを、嫌う明日。やがて最初の犠牲者が都内のグランタワーで発見され、事態は目まぐるしく悪化していく。少女Aの凶行を止めるため、明日たちはある手段に出る。

(感想)また出ましたね、偽善者な主人公が。。ほんとにワンパターンですね(-_-;)。個人的に一番キライで観ていられなくなるのが、この自分だけ手を汚したくないタイプの偽善者主人公です。原作者は、こういう主人公のほうが読者の共感を得られると勘違いしているのでしょうかね?

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「プラチナエンド」公式サイト

 

ルパン三世 PART6

(第5話「帝都は泥棒の夢を見る 前篇」のあらすじ)「一体これはどうなってんだ!?」なぜかルパンが降り立ったのは、昭和初期の帝都東京。そこでルパンは、銭形そっくりの警部・波越に追い回される。ルパンを救ったのは、これまた不二子そっくりの女盗賊・黒蜥蜴。彼らは皆一様に、ルパンのことを「黄金仮面」と呼ぶのだった……。幻のような異世界で、ルパンは果たして何を盗む!?

(感想)いきなり、パラレルワールドに迷い込んだ設定で、ルパン以外はそっくりな外見をした別人たちがいる世界の話です。こういう強引な話を前後編で作るとは…。後編には、すっきりとした”タネ明かし”が披露されるのでしょうね?

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ『ルパン三世 PART6』公式サイト

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

 

 

2021年秋アニメ(第5話)のあらすじと感想

2021年の秋アニメ(新番組、アニメ紹介、あらすじ、感想、オススメ、少しネタバレ)

 ・秋アニメの第5話を観た(個人的な)感想レビューです。

 

☆前回の「秋アニメ」紹介記事です。

g-self.hatenablog.com

 

 10月から始まった秋アニメの、今回は第5話のあらすじと感想を投稿します。

 また、感想コメントにはネタバレや批判的な内容が含まれていますので、気に入らないかたはご遠慮ください。

 

・個人的に、今後が楽しみな作品は?

 紹介していく順番は、個人的に面白いと思った順番になっています。今後も期待して観つづけたいという◎作品は5本です。そして、イマイチだけどまだ続きを観るつもりという▲作品は3本で、もう続きを観る気が無くなった×作品は2本でした。

※各番組のあらすじと画像は、公式ホームページより転載させて頂きました。

 

◎さんかく窓の外側は夜

(第5話「過去」のあらすじ)三角の感情を理解できない冷川。一方三角も、冷川の異常性に気付きつつも、関係を切ることができず――。そんな中、三角は逆木に拉致同然に無理矢理、車に乗せられ英莉可の元へ連れていかれる。戸惑う三角に、英莉可はあっけらかんと宿題を手伝って欲しいと頼む。宿題をやりながら英莉可は、三角に自分を雇っている「先生」のことや、英莉可が能力に目覚めたきっかけの話をする。

f:id:G-SELF:20211116225340j:plain

f:id:G-SELF:20211116225352j:plain

(感想)三角くんは冷川くんとの付き合い方に悩んでいるようです。そんな三角に強引に絡んでくる英莉可さん。彼女の告白に出てくる「先生」と、三角くんの出生にまつわる過去話に出てくる「お父さん」がソックリです。どうやら、前回推測した通り、三角くんは先生の息子みたいですね。そもそも、「三角(みかど)」は父方の姓かな?そうであれば、ミカド=土御門みたいに呪術的な関連がありそうです。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「さんかく窓の外側は夜」公式サイト

 

◎王様ランキング

(第5話「からみあう陰謀」のあらすじ)ドーマスによって冥府に続く穴に突き落とされたボッジ。ドーマスは罪の意識にさいなまれながら、一人その場を後にする。そしてボッス王国では、魔法の鏡によって、ダイダがボッス王の力を手に入れるための儀式が行われていた・・・。

f:id:G-SELF:20211116225434j:plain

(感想)火山に突き落とされたボッジの命を救ったのはカゲでした!意外にも、ベビンの命令でボッジを警護していたようです。死んでしまったけど、イイ人だったのか?一方で、弟のダイダ王も、魔法の鏡に唆されているかと思ったら、しっかりと自分のチカラで上を目指そうとしている真っ当な男でした。この作品は、意外なキャラクターと展開が続いて面白いですね~。

 

☆番組公式ホームページです

アニメ「王様ランキング」公式サイト

 

◎海賊王女

(第5話「座標」のあらすじ)リバーオーバーシュタインで得た情報をもとに、謎の石が採掘された場所「オルレアン」へとたどり着く一行。迷路のような採掘所で、フェナは何かに導かれるように奥へと進んでいく。雰囲気の変わったフェナを不審に思いながらもついていく雪丸。しかし、その背後には、バルバラルで撒いたはずのオマリー海賊団が迫りつつあった。

(感想)ちょい役かと思っていた真田の頭領が再登場し、紫檀のイケメン兄も登場しました。フェナのことを「魔女」と呼び、何やら秘密を知っているようです。一方、フェナたちはジャンヌ・ダルクのいたフランス・オルレアンに向かいます。フェナの導きによって、謎の石を使って何かの座標を手にしますが、肝心なときに女海賊団にフェナを奪われた上に洞窟に閉じ込められてしまいました…。そして、皆が探し求める目的は「エルドラド」であると分かりました。いいですねぇ、やはり冒険の目的は財宝です。

 

☆番組公式ホームページです

オリジナルアニメーション『海賊王女』公式サイト

 

86-エイティシックス- 第2クール

(第16話「それでも」のあらすじ)遂に開始された、〈レギオン〉の大規模攻勢。出撃先でノルトリヒト戦隊の隊員たちが目の当たりにしたのは、地平線を埋め尽くし、こちらへと押し寄せる〈レギオン〉の大軍だった。兵力も攻撃力も、連邦軍のそれを遥かに超える〈レギオン〉からの一斉攻撃を受け、西部戦線は――。

(感想)とうとう、ギオンによる総攻撃が始まりました。それも、全方位的に。。シンたちの活躍でギアーデ連邦はかろうじて撃退できましたが、本番はこの後からでしょう。それにしても、シン=ノウゼン一族の能力には何か秘密がありそうですねぇ。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「86―エイティシックス―」公式サイト

 

ポプテピピック(リミックス版)

(第5話「イモ☆ヨバ」のあらすじ)相変わらず、”あらすじ”なんて特にありません。

(感想)題名は「妹と呼ばないで」という劇中劇のタイトルを今風に短縮しています。クズ両親を演じるのがポプ子とピピ美でした。現実にあったら嫌な話ですね…。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト

 

▲終末のワルキューレ

(第5話「FileNo.00000000001」のあらすじ)激闘の末、第1回戦はトールの勝利で決着した。敗者は、転生も救済もなく消滅させられることを知った戦乙女〈ワルキューレ〉末妹・ゲルは、その事実に涙を流す。人類存亡の希望をつなぐため、第2回戦には、神に最も憎悪を抱く、全人類の父・アダムが選ばれた。対する神代表には、神々の父と呼ばれるゼウスが登場、予想外の展開に場は騒然となる――。

(感想)今度の人間代表は、始祖アダム。アダムが強かったという話は聞いたことがありませんが、どうなんでしょう?そして、対戦相手はゼウス。どう考えても勝てる気がしません。それにしても、ゼウス登場してからが”長い(クドい)”…

 

☆番組公式ホームページです

アニメ『終末のワルキューレ』公式サイト

 

プラチナエンド

(第5話「死の宣告」のあらすじ)「何も出来なかった……」。その無力感だけを噛みしめ、明日(ミライ)と咲は神保球場を後にする。圧倒的な力を持つ策略家・メトロポリマンを相手に、自分たち2人だけで戦いを挑めるとは思えない……しかしそんな明日と咲に、新たな別の神候補が接触してくる。六階堂七斗(むかいどうななと)という神候補だ。「メトロポリマンを次の神にしてはならない」と、六階堂は明日たちに言う。そのために共闘関係を結ばないか?と二人に提案してくる。

(感想)結局、主役チーム以外の”神候補”はメトロポリマンに殺されてしまいました。。その後に明らかになったメトロポリマンの正体は、高校生でした。夜神月みたいなイケメン天才高校生です。ワンパターンですね^^;。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「プラチナエンド」公式サイト

 

ルパン三世 PART6

(第4話「ダイナーの殺し屋たち」のあらすじ)ある日の夕方。寂れたダイナーのドアを開けて、二人の男が入ってきた。カウンターに座る彼らに、「何にします?」と問うウェイトレス。二人の男はメニューを眺め、しけた料理を注文する。――ダイナーには、先客が六人。全員男で、皆、殺し屋。ウェイトレスに絡みながら料理をむさぼる二人の男に、ただならぬ視線を向けていた……。

(感想)押井守氏が脚本という話題の回でした。ハリウッド映画風の舞台とセリフ過多な話でした。いつもとは雰囲気が違って良かったと思います。色々な人が参加できるのも「ルパン三世」だからでしょうね。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ『ルパン三世 PART6』公式サイト

 

×見える子ちゃん

(第5話「ワタシも見える」のあらすじ)ゴッドマザーに弟子入り志願し、弟子を自称する、みこの同級生・二暮堂ユリア。彼女は、みこと同様にヤバいやつらが『見える子』だった。『見える』ことに孤独を抱えるみこと、『見える』ことに誇りを持つユリア。ふたりの『見える子』が邂逅したとき、運命は動き始める……のかもしれない。

(感想)久しぶりに第5話を観てみました。新しい展開になっているかと思ったのですが、前から出ていた気になる女の子が絡んできたのみで、前と同じく見えるだけでした。続きを観るかは微妙です…。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「見える子ちゃん」公式サイト

 

×境界戦機

(第5話「決意」のあらすじ)リサの故郷にやって来たアモウとガイ。そこでリサの旧友たちに迎え入れられたアモウは、彼らの優しさに触れ、心に温かいものを感じる。しかし、その街でもアジア軍 による日本人への理不尽な抑圧が行われていた。

(感想)やはり、ありきたりでツマラナイ展開でした。目新しさのない強引な設定と展開で、なんで今さら???続きを観る必要は無さそうです。

 

☆番組公式ホームページです

境界戦機

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

 

 

『レッド・ライト』(映画)を観ました。

レッド・ライト』のあらすじと感想

ロバート・デ・ニーロキリアン・マーフィ、シガニ―・ウィーバーロドリゴ・コルテス、洋画、サスペンス、ミステリー、ネタバレ、キャスト・スタッフ、WOWOW映画)

f:id:G-SELF:20211112213004j:plain

 

あらすじWOWOWホームページより転載しました)

 物理学者のマーガレットと助手のトムは、科学者という立場から、超常現象のウソやトリックをことごとく暴いてきた。そんなある日、一世を風靡しながら30年もの間沈黙を守ってきた伝説的な超能力者サイモンが復活を遂げる。トムはさっそくサイモンの調査を進言するが、マーガレットは危険すぎると彼を制止する。彼女はかつてサイモンと対決し、苦い敗北を喫していたのだ。だが、トムは忠告を無視して独自の調査を始め……。

WOWOWホームページの紹介です。

レッド・ライト | 映画 | WOWOWオンライン

 

 Yahoo!ショッピング

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : ロドリゴ・コルテス

 製作 : ロドリゴ・コルテス 、 エイドリアン・グエラ

 脚本 : ロドリゴ・コルテス

 撮影 : シャビ・ヒメネス

 音楽 : ヴィクトル・レイェス

 

・キャスト

 サイモン・シルバー : ロバート・デ・ニーロ

 トム・バックリー : キリアン・マーフィ

 マーガレット・マシスン : シガニ―・ウィーバー

 サリー・オーウェン : エリザベス・オルセン

 

 上映時間 :114分

 

 

 映画の感想(少しだけネタバレもあります)

・超能力があるのかないのか、モヤモヤする…

 今回ご紹介する映画も、WOWOWで観た洋画サスペンス映画です。少し古い、2013年に日本公開された映画で、題名はレッド・ライト。私が好きな俳優の一人である、ロバート・デ・ニーロが出演しているのと、あらすじが面白そうだったので観てみました。

※前回のWOWOW映画の紹介記事は下記をご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

 映画を観た感想としては、前半は面白くなりそうだったのですが、後半から(ネタばれするとシガニ―・ウィーバー演じる女性物理学者:マーガレットが死んでから)急に話の雰囲気が変わってしまい、訳が分からない間にラストの対決シーンになってしまいました。そのラストも、結局のところ「超能力」が存在しているのか単なる「トリック」なのかキリアン・マーフィ演じる物理学者の助手:トムは何者だったのか???と疑問が残ってモヤモヤした感じになってしまいました。

 映画の劇中に起こっていた”超常現象”のいくつかは、明らかに説明できない現象だったけど、そういう理由だったのか…。でも、キリアン=トムがデ・ニーロ:シルバーというインチキ超能力者に固執した理由とシガニ―:マーガレットがシルバーとの再戦を頑なに拒否した理由がイマイチ飲みこめない。いや、結構色んなところが分かりにくい展開だったかも。。

 個人的には、心霊現象よりは超常現象のほうを信じていて、「バビル2世」が好きなので超能力も存在して欲しいと考えているから、映画のラストがあれでも良いのだけれど、それまでの流れから急に転換するのはどうかなぁ。せっかく、恋人と仲間がシルバーのインチキのタネを発見したのに、そのことは映画を鑑賞している側だけが知っていて、劇中ではシルバーのインチキを暴いていないってどうなのよ?と思いました。

 

 個人的にはイマイチでした…。

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

※映画のDVDはこちらからご購入できます

 

U-NEXT

 

 

2021年秋アニメ(第4話)のあらすじと感想

2021年の秋アニメ(新番組、アニメ紹介、あらすじ、感想、オススメ、少しネタバレ)

 ・秋アニメの第4話を観た(個人的な)感想レビューです。

 

☆前回の「秋アニメ」紹介記事です。

g-self.hatenablog.com

 

 10月から始まった秋アニメの、今回は第3話のあらすじと感想を投稿します。第2話を観て、続きを観ることを断念した作品は、もう載せていません。(「見える子ちゃん」は第5話から再視聴します。)

 また、感想コメントにはネタバレや批判的な内容が含まれていますので、気に入らないかたはご遠慮ください。

 

・個人的に、今後が楽しみな作品は?

 紹介していく順番は、個人的に面白いと思った順番になっています。今後の展開に期待したいという◎作品は5本です。そして、イマイチだけどまだ続きを観るつもりという▲作品は4本で、もう第4話で観る気が無くなった×作品は0本でした。(▲の1本は次回の内容次第ですが…。)

※各番組のあらすじと画像は、公式ホームページより転載させて頂きました。

 

◎さんかく窓の外側は夜

(第4話「陥穽」のあらすじ)刑事である半澤に頼まれ、とある空き店舗を訪れた三角。そこは謎の「神隠し」が頻発している場所なのだという。空き店舗の前で三角が事務所にいる冷川に電話をすると、冷川はそのまま三角の体に乗り移り、空き店舗の調査を始める。その結果、空き店舗は悪いものを集めるために故意に作られた「貯金箱」のようなものだと分かる。しかも、その「貯金箱」は、「先生」に頼まれて英莉可が作ったもので――。

f:id:G-SELF:20211107142829j:plain

(感想)陥穽(かんせい)=おとしあな。人の負のエネルギーなどを取り込んで、貯めておく場所でしょうか?冷川氏が、呪霊っぽい何かを食べているのも同じような目的かも知れません。そして、徐々に気になってくるのが三角氏の父親の存在です。彼の父親は何か秘密がありそうです。”先生”じゃないよね???どうも、世界観は「呪術廻戦」に近い気がする。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「さんかく窓の外側は夜」公式サイト

 

◎王様ランキング

(第4話「初めての旅」のあらすじ)ドーマス、ホクロと共に道中の自然を満喫しながら旅を楽しむボッジだったが、買い出しに訪れた町でカバンを盗まれてしまう。一方、新国王となったダイダの元には、新たにランクを付けるため王様ランキング協会の審査員が訪れていた。

f:id:G-SELF:20211108231938j:plain

(感想)ボッジ王子は意気揚々と旅に出発します。ハプニングもありますが、ドーマスとホクロの助けで無事に続けていました。しかし、”王様あるある”で、兄弟の存在は内政が不穏になるモトです。ボッジ王子にも、やはり刺客が放たれていました。というか、ずっとそばにいましたけどね…。

 

☆番組公式ホームページです

アニメ「王様ランキング」公式サイト

 

◎海賊王女

(第4話「石の謎」のあらすじ)追手から逃げ切ったフェナ達は、石が製造されたという「リバーオーバーシュタイン」へと向かう。
雪丸に怪我を負わせたことを悔やんでいたフェナは、仲間たちに戦い方を教えてもらえるよう相談する。
始めは断っていた侍たちだが、少しでも雪丸の役に立ちたいというフェナの思いに感化されていき……。

(感想)前半は、船でフェナが仲間たちに闘い方を教わるという”ほのぼの話”。後半にリバーオーバーシュタインに着いてから、ガラスのような石の謎を調べます。この地で分かったことは意外な事実でした。なんと、有名な「ジャンヌ・ダルク」が関係しているらしいのです。やはり、期待通り面白くなってきました

 

☆番組公式ホームページです

オリジナルアニメーション『海賊王女』公式サイト

 

86-エイティシックス- 第2クール

(第15話「おかえりなさい」のあらすじ)特士校を卒業後、シンたちはその優れた戦闘力から、それぞれ別部隊の救援へと駆り出される毎日を送っていた。久々に本拠地へと集められた彼らは、グレーテから、近く〈レギオン〉の大規模攻勢が予測されていることを聞かされる。既に〈レギオン〉の動向を察知していたシンは、軍勢がグレーテたちの予想を遥かに超える数であることを上申するのだが――。

(感想)シンたちはそれぞれの戦場で戦っていたようですが、今度は誰も欠けずに生き残っているようです。しかし、底知れないレギオン軍との戦いは徐々に不利になってきている気がしますので心配です。フレデリカを守るために戦ったというキリヤ・ノウゼンの存在も妙に気になります。シンが強いのは、そういう血筋だから?アッカーマン家みたいな?

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「86―エイティシックス―」公式サイト

 

ポプテピピック(リミックス版)

(第4話「SWGP2018」のあらすじ)相変わらず、”あらすじ”なんて特にありません。

(感想)SWGPとは、「スケルトン・ワールド・グランプリ」のことです。スケルトンとは、アイススポーツですね(クール・ランニング)。なんで、これをネタにしたのかはよく分かりません。。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト

 

▲終末のワルキューレ

(第4話「歓喜」のあらすじ)トールの真の必殺技「覚醒雷槌(ゲイルロズトールハンマー)」を受け止めるも、両脚を破壊され絶体絶命の呂布
人類の声援を受け再び立ち上がった呂布の元へ、愛馬である赤兎馬が乱入する。
赤兎馬の背に乗り人馬一体となった呂布は、生涯一度も繰り出すことがなかった一撃「天喰(そらぐい)」を放つ――。

(感想)一応は生身と思われる人間ごときが神の本気技を受けたらそうなるよね、という痛々しい負け方でした。呂布が方天戟を持つ握り方が、虎眼流”流れ”の握りかとアツくなりました。

 

☆番組公式ホームページです

アニメ『終末のワルキューレ』公式サイト

 

プラチナエンド

(第4話「集結の瞬間(とき)」のあらすじ)TV中継を通じて、メトロポリマンは他の神候補たちに呼びかけた。皆で集結し、話し合いで次の神を決めようというのだ。しかし現れた神候補・メトロブルーとメトロイエローは、メトロポリマンを信じようとしなかった。神保球場で繰り広げられる二転三転の戦い。自分たちはどうすべきか?客席で激しく葛藤する明日と咲……さらに絶体絶命の状況となり、2人は究極の決断を迫られる。

(感想)天使たちは、どういう基準で「神候補」を選んでいるのか?めっちゃ適当すぎる…。日本の、しかも東京近郊だけで選ぶなんて不公平だし。マンガでも思ったけど、”神”という割には描かれる世界が狭い気がします。。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「プラチナエンド」公式サイト

 

ルパン三世 PART6

(第3話「大陸横断鉄道(嘘)の冒険」のあらすじ)マーキス侯爵は鉄道マニア。ご自慢の品は、リバプールマンチェスター鉄道が催した、伝説的な試乗会の切符。そしてもう一つの自慢は――広大な庭に築き上げた、こだわりの庭園鉄道! ルパン一味は切符を狙って、その庭園で開かれるパーティーに潜り込む。美女に目がない二人の少年・リーとダネイも、不二子を追ってパーティーへ……。線路をドタバタ駆け巡る、インチキだらけの冒険譚!

(感想)ちょっと間延びしたような追いかけっこシーンが微妙だけど、そういえば昔のルパン三世もこんな感じだったかも。。今回は、普通に次元がカッコいいと思いました。ワンシーンだけだけど^^;。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ『ルパン三世 PART6』公式サイト

 

▲境界戦機

(第4話「別離」のあらすじ)『八咫烏』のキャンプ地を襲う正体不明の黒いAMAIM。突然の事態に逃げ惑う隊員達。訳もわからず反応できなかったアモウの横で、ガシンが黒いAMAIMを睨みつけて呟く。「あいつは、あの機体は……!」

(感想)ありきたりでツマラナイ展開です。敵うはずもないのに、うかつに敵メカに攻撃して死亡してしまう女性。よくこれまで生き残ってこられたな…。そして、それを目の当たりにして急に怖くなってレジスタンスを辞めると手のひらを返す主人公。元々の考えが甘過ぎる。アホらしい…。戦闘後に出てきて、まるで見ているかのように戦況を読み解く謎の軍人。そこまで分かるか?超能力っていうほうがまだガマン出来るわ。。何がしたいのか不思議な話です。

 

☆番組公式ホームページです

境界戦機

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

 

2021年秋アニメ(第3話)のあらすじと感想

2021年の秋アニメ(新番組、アニメ紹介、あらすじ、感想、オススメ、少しネタバレ)

 ・秋アニメの第3話を観た(個人的な)感想レビューです。

 

☆前回の「秋アニメ」紹介記事です。

g-self.hatenablog.com

 

 10月から始まった秋アニメの、今回は第3話のあらすじと感想を投稿します。第2話を観て、続きを観ることを断念した作品は、もう載せていません。(「見える子ちゃん」は第5話から再視聴します。)

 また、感想コメントにはネタバレや批判的な内容が含まれていますので、気に入らないかたはご遠慮ください。

 

・個人的に、今後が楽しみな作品は?

 紹介していく順番は、個人的に面白いと思った順番になっています。今後の展開に期待したいという◎作品は6本です。そして、イマイチだけどまだ続きを観るつもりという▲作品は3本で、もう第3話で観る気が無くなった×作品は0本でした。◎と▲の本数は前回と同じですが中身は少し入れ替わっています。

※各番組のあらすじと画像は、公式ホームページより転載させて頂きました。

 

◎さんかく窓の外側は夜

(第3話「呪詛」のあらすじ)とある家の「池」の調査にきた三角と冷川。
依頼主である家主の女性は、毎晩自分が死体となって「池」に浮かぶ夢を見るのだという。調査のために「池」の中に潜った三角は、薄暗い底でこの池の「核心」を視る。
――その日の帰り、食事をしていた三角と冷川の元に、あの『非浦英莉可』が現れる。
英莉可は2人に、自分が「呪い屋」をしている「死霊遣い(ネクロマンサー)」であることを打ち明ける。

f:id:G-SELF:20211101210611j:plain

(感想)だいぶ本格的にホラー系の呪霊描写になってきました。死霊や妖怪というより人の”呪い”が怪異現象を引き起こしている、という点で、今の流行りという気がします。そして、私も好きです。でも、意図的にBL的な描写が多いという点は苦手です。今回、英莉可さんがガッツリと絡んできて、さらに彼女の黒幕的な人物もちらっと登場しました。面白くなりそうですね。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「さんかく窓の外側は夜」公式サイト

 

◎王様ランキング

(第3話「新しい国王」のあらすじ)ボッス王が亡くなり、遺言で王の跡を継ぐこととなるボッジ。しかし、ヒリングにより遺言は覆され、新国王はダイダと発表されてしまう。そしてカゲもボッジの前から姿を消し、ベビンはカゲを探すボッジに「カゲは旅に出たので二度と会えない」と告げる。失意のボッジはとある行動に出る。

f:id:G-SELF:20211102204337j:plain

(感想)今回もイイ話ですよね。なんで夜中に放送してるのか?普通に子供たちが見れる時間帯で良いんじゃないか、と軽く憤りを感じます。。ネタバレになりますが、ボッジの敵だと思っていた王妃が実はイイ人でした^^。ボッジの生まれ持った運命が、こういう人達を惹きつけるんでしょうね。二人が出会った頃のストーリーが泣けます。他にも色々ありますが、「王の槍」アピスさんがカッコ良かった!

 

☆番組公式ホームページです

アニメ「王様ランキング」公式サイト

 

◎海賊王女

(第3話「バルバラル」のあらすじ)父の旅を引き継ぎ、ゴブリンの島を出港したフェナと雪丸達。旅の準備のために、自由都市バルバラルへと立ち寄る。そこでフェナは、父の残した石と酷似した売り物を見つける。しかし、目の前に追手が立ちふさがる。

(感想)今回、いきなり感じました。この作品は、この先メッチャ面白くなりそうだ、と。旅に出た一行の乗る船が「潜水艦」で、ヨーロッパが舞台で、王女が謎を解く物語といえばふしぎの海のナディア」を連想してきました。映像もキレイでレベルが高く、話もテンポも良いです。そして、先週出てきたイケメンの軍人がなかなかクセ者らしいところも期待出来ます。フェナは領主の娘なのに「王女」という題名になっているということは、実の娘ではなくどこかの国の「王女」なのかな?という謎が待ってそうです。期待しています。

 

☆番組公式ホームページです

オリジナルアニメーション『海賊王女』公式サイト

 

◎終末のワルキューレ

(第3話「必殺技」のあらすじ)神の力に対抗する人類側のチート「神器錬成(ヴェルンド)」により、トールへの反撃を開始する呂布。だがそれは、雷神・トールの“本気”を引き出すことになってしまう。闘いの中で、互いを好敵手と認め合い、今まで出会うことのなかった最強の相手に心を震わせる。そして、トールの必殺の一撃が呂布に放たれた――。

(感想)こういう一騎討ちでよくある、次から次にお互いが”奥の手”を出してくる展開です。人間なんぞに負けそうになったトールが本気を出すため、腕に嵌めた重りを外す、ってドラゴンボールか?神様も人間も同じ物理法則に縛られているんですね。そういえば、アフロディテの〇〇〇〇も、支えられてるか^^;。

 

☆番組公式ホームページです

アニメ『終末のワルキューレ』公式サイト

 

86-エイティシックス- 第2クール

(第14話「よろしく」のあらすじ)特別士官学校への入学を決めたシンたち。かつてスピアヘッド戦隊として過酷な戦場を生き抜いてきたシンは、特士校でもその戦闘能力を発揮し、周囲を驚かせる。しかし、戦闘慣れした〈エイティシックス〉であるシンに向けられる視線は、決してあたたかなものだけではなかった。そうした状況のなか、配属先の部隊でシンは、図書館で出会った青年・ユージンと再会を果たす――。

(感想)シンたちは再び戦場に戻り、レギオンたちとの戦いを再開します。一時、平和を味わっただけに過酷な戦場描写が辛くなります。そして、死神のシンと仲良くなってしまい死亡フラグ”が立っていたユージンさんが命を落としてしまいました。。シンたちにとって嬉しい再開があり、もう破壊されたと思っていたファイドが新しいボディで甦りました。仲間が増えて良かったですね~。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「86―エイティシックス―」公式サイト

 

ポプテピピック(リミックス版)

(第3話「ザ・ドキュメント」のあらすじ)相変わらず、”あらすじ”なんて特にありません。

(感想)アイドル・ポプちんの密着ドキュメントです。本当の意味で世界征服に成功します。他では、布団が恋しくなる季節にぴったりの話でした。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト

 

プラチナエンド

(第3話「憧れの人」のあらすじ)4月になり、高校生となった明日(ミライ)。入学式当日に高校へ向かうと、頭上に天使の姿が……さらに幼なじみの少女・花籠咲(はなかごさき)に、キューピットの矢である「赤の矢」を刺されてしまう。天使ルベルの策略にはまった明日は、咲を守るためなら、自らの命を投げ出しても構わないという状態に。他の神候補と刺し違える覚悟をするが……。一方、覆面神候補・メトロポリマンが動き出し、事態は新たな局面を迎える。

(感想)意外なほど身近なところに新しい”神候補”がいました。マンガ読んで知ってますけど、なんとも都合が良いですね。気になるのは、顔の表情があまり無くて無表情な気がします。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「プラチナエンド」公式サイト

 

▲境界戦機

(第3話「戦う理由」のあらすじ)アジア自由貿易協商軍に襲われたアモウ達の危機を救ったのは、見たことのないAMAIMだった。その戦闘力は凄まじく、たちまちアジア軍の無人機部隊を倒す。そしてアモウ達の元に謎のAMAIMからデータが送られてきて……。

(感想)アモウの乗るメカはレジスタンスの忘れ物だったらしい。それに乗ってたからということで、一般人の少年を戦いに巻き込むなんてムチャですよね。だからテロ組織と間違われるんだよ。展開がもうツマラナイので、私の嫌いなタイプの”ガンダム臭(おるふぇん臭)”がしてきたなぁ。。

 

☆番組公式ホームページです

境界戦機

 

ルパン三世 PART6

(第2話「探偵と悪党」のあらすじ)ルパンの姿を見て、気絶してしまうリリー。ホームズは怒りをあらわにし、ルパンを見つけ出すと語気を荒げる。一方アジトに集ったルパンたちは、手に入れた絵の分析中。レイブンは、第二次世界大戦後、英国政府を影から操ってきたとされる秘密組織――メンバー等はすべて謎に包まれ、その実態は雲を掴むよう。レイブンの謎は、ルパンとホームズの因縁にも関係している様子で……?

(感想)シャーロック・ホームズとは、個人の名前ではなく代々継承されているらしい。ルパンの直系の孫であるルパン三世からしたら、腑に落ちないところでしょう。。そして、謎のスーパーマンぶりで次元の銃弾をかわす、とか有り得ないでしょ(-_-;)。1つだけ良かった点は、新しい声優さんたちが結構しっくりときているところです。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ『ルパン三世 PART6』公式サイト

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

 

『フロッグ』(映画)を観ました。

『フロッグ』のあらすじと感想

ヘレン・ハント、ジョン・テニー、オーウェンティーグ、アダム・ランドール、洋画、サスペンス、ミステリー、ネタバレ、原題、キャスト・スタッフ、WOWOW映画)

f:id:G-SELF:20211027210556j:plain

 

あらすじ(公式ホームページより転載しました)

 その街で、ある日10歳と9歳の少年が立て続けに失踪する。現場には、以前世間を騒がせた<連続少年誘拐殺人事件>の時と同じ緑色のナイフが残されていた。しかし、既に当時の犯人は逮捕されており、捜査は難航する。一方、事件を担当するハーパー刑事の自宅でも、次々に不可解な出来事が起こり始める。ひとりでに閉まる扉。誰も触っていないはずのテレビは、突然事件のニュースを流し始める。この街に、この家に一体何が潜んでいるのか。そして一家の一人息子「コナー」の元に届いた不可解なメッセージ、その意味が明らかになる時、事態は予想だにしなかった結末へと動き始める。

※映画公式ホームページは下のリンクから確認できます。

フロッグ – クロックワークス公式サイト – THE KLOCKWORX

 

 Yahoo!ショッピング

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : アダム・ランドール

 製作 : マット・ウォルデク

 脚本 : デヴォン・グレイ

 撮影 : フィリップ・ブローバック

 音楽 : ウィリアム・アーケイン

 

・キャスト

 ジャッキー・ハーパー : ヘレン・ハント

 グレッグ・ハーパー : ジョン・テニー

 コナー・ハーパー : ジュダ・ルイス

 アレック・トラヴァース : オーウェンティー

 ミンディ : リブ・ベアラー

 

 上映時間 :98分

 

 

 映画の感想(少しだけネタバレもあります)

・ホラーかと思ったら、意外なサスペンスでした

 今回の映画の感想は、WOWOWで観た洋画でサスペンス映画です。映画のあらすじや紹介画像を見て、「フロッグ」=カエルでカエルみたいなマスクの怪物が人を襲うような”ホラー映画”かと思ったら、全く違いました。。別にホラーが好きな訳もないですし、結構あらすじとか雰囲気で映画を選んでいるので、こういう勘違いは仕方がありません。そして、今回の映画は「勘違いして観て良かった」ほうの映画でした。

※前回のWOWOW映画の紹介記事は下記をご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

 映画を観た感想としては、概ねサスペンス的なハラハラする展開です。目線のような動きがある映像が多く、何かが起こりそうな気がします。地方の街で起きる”少年失踪事件”とその事件を追う刑事の家で起きる不審な出来事。刑事の家族は、妻が不倫してことによってバラバラな状態なのですが、その出来事との関連は?

 映画紹介やポスターに書いているキャッチフレーズ「開始45分、その恐怖は快感に変わる」とある通り、途中から(ドキッとするシーンの後から)急に場面が変わり、謎解き編が始まります。そして、この出来事が”少年失踪事件”に関連していることが明らかになる意外な展開となっていきます。この辺りは、実際に映画を観て驚いて欲しいところですので、詳しく書けません。快感、とまで感じるかは分かりませんけど、「そうくるか~!」と感心しました。そういう意味で、サスペンス映画でもミステリーの要素も少しあると思います。個人的には、ミステリー好きで予想外な展開が好物なので、この映画は最近観た中では一番良かったと思います。

f:id:G-SELF:20211028222815j:plain

 ちなみに、題名の「フロッグ」はカエルですけど、この映画とカエルは何も関係ありません。どうも、上のマスクもカエルではないみたいです。「フロッグ」は劇中に出てくる言葉の「フロッギング」から付けた日本での題名で、原題は「I see You」です。フロッギングの意味は映画の中で語られ、その意味を書いてしまうとネタバレになってしまうので書きません

 

こういう映画を観れるのも、WOWOWの魅力ですね~。

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

※映画のDVDはこちらからご購入できます

 

U-NEXT

 

2021年秋アニメ(第2話)のあらすじと感想

2021年の秋アニメ(新番組、アニメ紹介、あらすじ、感想、オススメ、少しネタバレ)

 ・秋アニメの第2話を観た(個人的な)感想レビューです。

 

☆前回の「秋アニメ」紹介記事です。

g-self.hatenablog.com

 

 10月から始まった秋アニメですが、以前の記事で、第1話を観た感想を2回に分けて投稿しました。今回は第2話のあらすじと感想を投稿します。第1話を観て、続きを観ることを断念した作品は、もう載せていません。

 また、感想コメントにはネタバレや批判的な内容が含まれていますので、気に入らないかたはご遠慮ください。

 

・個人的に、今後が楽しみな作品は?

 紹介していく順番は、個人的に面白いと思った順番になっています。今後の展開に期待したいという◎作品は6本です。そして、イマイチだけどまだ続きを観るつもりという▲作品は3本で、もう第3話で観る気が無くなった×作品は本でした。

※各番組のあらすじと画像は、公式ホームページより転載させて頂きました。

 

◎さんかく窓の外側は夜

(第2話「束縛」のあらすじ)冷川の物件鑑定・特種清掃事務所『COOLEAN』で働くことになった三角は、書店の同僚に頼まれ「良く当たる占い師」を調査することに。
占い師・迎系多に会うと、彼が三角や冷川と同じ特異体質であることが分かる。
数々の呪いの現場に残されている『非浦英莉可』という謎の名前…。迎は以前、『非浦英莉可』の仕業らしい「呪い」を視たことがあるのだが、それはあまりに強い「呪い」で――。

f:id:G-SELF:20211025212722j:plain

f:id:G-SELF:20211025212747j:plain

(感想)今回から、本格的に”呪術”的な事件になってきました。新たな霊能力者のイケメンも登場し、三角さんを取り合う疑似「三角関係」。確実に、狙って”BL”を匂わせてますよね^^;。でも、内容はシビアな感じになってきて、「言葉で人を殺せる」非浦さんが登場します。以前のアニメ『バビロン』に出てきた”曲世愛”みたいな。。怖いな~。でも、面白い(^O^)。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「さんかく窓の外側は夜」公式サイト

 

◎王様ランキング

(第2話「王子とカゲ」のあらすじ)幼いころから盗みを生業として生きてきたカゲ。金目のものを盗むためにボッジの後をつけ城に忍び込むが、ボッス王国四天王の一人・ベビンに見つかってしまう。一方ボッジは、異母兄弟であるダイダと手合わせをすることに・・・

f:id:G-SELF:20211026230702j:plain

(感想)前半は、カゲの生い立ちとその一族の悲惨な歴史です。いきなり皆殺しになったのには、どんなウラが隠されているのでしょう?ファンタジーだけど、カゲという生き物が2次元なのか3次元なのか、どこから手が映えてくるのか不思議で仕方がありません。でも、ストーリーは面白いです。ボッジにずっと味方でいることを宣言するシーンは、じ~んと来ました(T_T)。

 

☆番組公式ホームページです

アニメ「王様ランキング」公式サイト

 

◎終末のワルキューレ

(第2話「好敵手」のあらすじ)神VS人類最終闘争〈ラグナロク〉第1回戦は、中華最強の武人・呂布奉先VS北欧神話最強・トールのノーガードの攻防で幕を開ける。そんな中、トールはかつて巨人の群れをも一撃で壊滅させた必殺技「トールハンマー」を撃ち放つ。誰もがトールの勝利を確信する中、呂布が、反撃の一手をしかける。そこには、ブリュンヒルデのある“秘策”があった。

(感想)アヴェンジャーズにも登場する北欧神話の神・トール。というか、北欧の神々はトール以外は激弱だったんですねぇ。しかし、巨人の大群を殲滅するトールハンマーを武器に秘密があったとしても、生身で受け止めて無事なハズないですよねぇ。というと、この設定は崩壊してしまうか…。もっと気になるのが関羽」さんはロボットなんですか?

 

☆番組公式ホームページです

アニメ『終末のワルキューレ』公式サイト

 

86-エイティシックス- 第2クール

(第13話「今更そんなこと」のあらすじ)ギアーデ連邦に保護されてひと月。シンたちは、アルバイトをしたり、料理教室に通ったりと、「普通の少年・少女」としての日々を送っていた。街のそこかしこに広がるのは、彼らが今まで過ごしてくることのなかった「平穏な日常」。しかしそれを見つめる彼らの表情はどこか晴れない様子で……。思い思いに街の様子を見聞きして過ごした彼らは、ある決意を固める。

(感想)まだまだ少年少女とも言える、シンたちが平和な街でようやく戦いから離れられる、という日々が訪れたかと思われました。が、彼らには背負うモノが大きく、平和に生きて行くという選択は考えられませんでした。表面上は平和に見えても、実際にはレギオンとの戦いは続いているからですね。悲しいけど、これ戦争なのよね。。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「86―エイティシックス―」公式サイト

 

プラチナエンド

(第2話「正義のヒーロー」のあらすじ)明日(ミライ)は自分が「神候補」に選ばれたことを、ナッセに知らされる。13人の神候補の中からたった1人だけが、次の代の新たな神に選ばれるらしい。すぐには信じられずにいる明日だが、幸せに生きるための一歩を踏み出そうとする。しかしある日、別の神候補が不審な死を遂げたことを知ってしまう。さらに銀行強盗の事件現場では、「メトロポリマン」と名乗る新たな神候補がTVカメラの前に姿を現す。

(感想)13人もいると、優れた人ではない”ろくでなし”の神候補もいるらしい。本当なら、そんなことはないだろうけど、話としてはダメな”やられ役”も必要だよな、ってところです。まぁ、そういう意味で行くと主人公の明日くんが選ばれる理由も分かりませんね^^;。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「プラチナエンド」公式サイト

 

ポプテピピック(リミックス版)

(第2話「異次元遊戯ヴァンヴー」のあらすじ)”あらすじ”なんて特にありません。

(感想)アニメで遊んでます。声優さんもノリノリですね~。前半と後半で微妙に違うところを見つけるのも、また楽しみになってます(*^_^*)。『ボブネミミッミ』がクソ過ぎて笑わずにはいられないデス。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト

 

▲境界戦機

(第2話「船出」のあらすじ)オセアニア連合軍の襲撃を振り切ったアモウは、ガイ・ケンブとともに逃亡の日々を送っていた。慣れない毎日にアモウの疲労は溜まっていく。空腹に耐えかねたある日、アモウは山の中で小さな畑を見つけて……。

(感想)いきなり軍から追われる”逃亡者”になってしまったアモウ少年。普段着で、ロボットとAIだけで行くあても無さそうなので、妙に違和感を感じます。ラッキーなことに頑固だけど心が優しい老夫婦に救われるのも”お約束”ですが、主人公のピンチに現れた”謎の助っ人”がクールなスナイパーっぽいのも”定番”ですね。。

 

☆番組公式ホームページです

境界戦機

 

▲海賊王女

(第2話「受け継ぐ旅」のあらすじ)気が付くとフェナは大西洋に浮かぶ小舟に乗っていた。脱出を手助けしてくれたのは、ハウトマン家に仕えていた騎士、オットーとサルマン。彼らに連れられ、霧に包まれた「ゴブリンの島」へと辿り着く。そこでフェナは、フランツの旧友である幸久と出会い、父の残した石の謎を解くよう告げられる。

(感想)異世界的な雰囲気かと思いきや、18世紀のヨーロッパ(地中海あたり)が舞台となっているようです。そして、前回フェナ救出に現れた忍者(侍?)たちは、なんと日本から逃亡してきた「真田家」の人々だったようです。当主は”幸久(ゆきひさ)”という名で、なんとなく”真田幸村”との関連を匂わせています。(真田の当主が代々「幸」の字を引き継ぐ)ちょっと、興味が湧いてきました。しかし、ツッコミの演出として、刀の柄で女性の頭を小突く表現は頂けないですね…。

 

☆番組公式ホームページです

オリジナルアニメーション『海賊王女』公式サイト

 

ルパン三世 PART6

(第1話「シャーロック・ホームズ登場」のあらすじ)英国・ロンドン。初老の男、フォークナー卿の仕事場に飾られた一枚の「絵」――それは、「レイブン」と呼ばれる組織の隠し財宝に繋がっていた。ルパンにとっては、十年も前から狙っている因縁の宝。スコットランドヤードやMI6の妨害をかわしながら絵を盗み去るが、逃走劇のドサクサで絵は半分に破れてしまう。そして事態は、ロンドンに眠る名探偵――シャーロック・ホームズを呼び覚ますこととなる。

(感想)今回からPART6の本編が始まります。なんと、シャーロック・ホームズとかレストレード警部とかが登場して時代設定がむちゃくちゃですね。子供の頃に、ご先祖の「ルパン対ホームズ」という小説を楽しく読んだ記憶がありますので、ちょっと腹が立ちました…。せめて、ホームズの子孫にすべきでは?煙幕の中で銃を撃つレストレードもむちゃくちゃですし、なんとも変な演出が多いですが、「レイブン」とか隠し財宝などの”謎解き”は気になりますので、とりあえず続きは観てみます。

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ『ルパン三世 PART6』公式サイト

 

×見える子ちゃん

(第2話「超見える」のあらすじ)ヤバいやつらはどこにでもいる……。街、学校、友人の背後。やつらは至るところに存在している――そしてほとんどの人は『見えない子』。親友のハナもそのひとり。みこに見えるものが、ハナには見えない。見えない故の能天気が、見えるみこを思わぬ事態へ巻き込むことに……。
みこはそれでも『見えない』フリを貫き通せるのか。

(感想)第2話も、主人公のみこさんには、恐ろしい霊が見えており、その霊がエロい煩悩を持ったまま死んだようです。でも、ただそれだけ…。同じパターンが続きそうで、もう観ませんね

 

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「見える子ちゃん」公式サイト

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村