G-SELFの趣味をカタる部屋

映画(主にWOWOW)とかアニメの紹介と感想を書いていきたい。あと、スイーツや雑学とかも。

「レディ・プレイヤー1」のあらすじと感想

「レディ・プレイヤー1」のあらすじと感想

 

あらすじ

 2045年。多くの人々は荒廃した街に暮らす現実を送っていたが、

若者たちには希望があった。

 それはVRの世界「オアシス」。

 そこに入れば、誰もが理想の人生を楽しむことができる。

 

 ある日、オアシスの創設者、ジェームス・ハリデーが亡くなり、彼の遺言により

莫大な財産を懸けた「3つの鍵」の争奪戦が始まった。

 オアシスで出会った仲間と謎めいた美女アルテミスと協力し、争奪戦を勝ち残ろう

とするウェイドだったが、世界支配のためすべてを手に入れようとする巨大企業、

IOI社も出現して・・・。

f:id:G-SELF:20190501123554j:plain

 

 アルテミスとの恋の運命や仲間との絆を試されるウェイドは、ハリデーの仕掛けた謎

を解き、IOI社の陰謀を阻止して、勝利を手にすることが出来るか!?

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : スティーブン・スピルバーグ

 原作 : アーネスト・クライン

 脚本 : ザック・ペン 、 アーネスト・クライン

 

・キャスト

 ウェイド/パーシヴァル : タイ・シェリダン

 サマンサ/アルテミス : オリヴィア・クック

 トシロウ/ダイトウ : 森崎ウィン

 オグデン・モロー : サイモン・ペグ

 ソレント : ベン・メンデルソーン

 

 

映画の感想

・懐かしい映画ネタとキャラクターで楽しめる

 VR世界のなかで展開されるレースやクエストのシーンで、「シャイニング」や

チャイルド・プレイ」のチャッキーメカゴジラや「AKIRA」の金田のバイク

など、懐かしい日米映画のアイテムが次々と出てきます。

 だいぶ見逃したかも知れないのですが、それらを探して見返せば、

何度も楽しめそうな映画です。

 

 スピルバーグ監督の映画やアニメへの愛を感じさせてくれます

 

 私の大好きなガンダムも、最後のほうにカッコよく出てきますが、

やはりアムロが乗っていないので、イマイチ活躍してません。。

f:id:G-SELF:20190501133625j:plain

(アニメではなくCGなので、塗装もこんな感じでゲームっぽく出てました。)

 

・個人的にはCGは苦手ですが、、

 ストーリーは、主にVR世界で展開されます。

 主人公やライバルたちも、それぞれのアバターがVR世界のなかで、

3つの鍵の争奪戦として、レースやバトルを繰り広げます。

 

 個人的には、映画もアニメも人物がCGのものは苦手です。。

 ただ、この映画は、現実世界での主人公と悪の巨大企業との駆け引きや、

ヒロインとの恋愛と仲間たちとの友情が描かれていますので、

退屈せずに観つづけることが出来ました。

 

 ちなみに、上映時間は140分とやや長めです。

 

・製作費は、1億7500万ドル(約200億円)!

 さすがにスピルバーグ監督、製作費として1億7500万ドル(約200億円)

も掛けてますが、興行収入として、5億8000万ドル(約650億円)!

 世界的に大成功を収めたようです。

 

・続編のウワサもあります

 原作者のアーネスト・クラインが、続編を執筆している情報がある、

というネット上のウワサがあります。

 題名は当然、「レディ・プレイヤー2」ですね。(おそらく)

 ただ、続編というのはハードルが高くなるので、今作以上となると期待よりも

心配のほうが大きい気がしますが。。