G-SELFの趣味をカタる部屋

映画(主にWOWOW)とかアニメの紹介と感想を書いていきたい。あと、スイーツや雑学とかも。

『ドッグヴィル』(映画)を観ました

ドッグヴィルのあらすじと感想

ニコール・キッドマンポール・ベタニーラース・フォン・トリアー、ドラマ、機会の土地-アメリカ三部作、洋画、感想、カタルシス、ネタバレ、WOWOW映画、キャスト・スタッフ、上映時間)

 

あらすじ(WOWOWホームページより転載しました)

 ロッキー山脈の麓にある周囲から隔絶された小さな村、ドッグヴィル。そこへギャングたちから追われる美しい女性グレースが逃げ込んでくる。村の青年トムの働きかけでグレースは村人たちにかくまってもらうが、それには彼女が村人全員に気に入られること、という条件が付いていた。そこでグレースは村人をひとりひとり訪ねては彼らに無償で肉体労働を提供し、それまで閉鎖的だった村人たちも次第に開放的になったかに思えたが……。

※WOWOWの映画紹介ページです。

ドッグヴィル | 映画 | WOWOWオンライン

 

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : ラース・フォン・トリアー

 脚本 : ラース・フォン・トリアー

 製作総指揮 : ペーター・オールベック・イェンセン

 撮影 : アンソニー・ドッド・マントル

 音楽 : ペール・ストライト

 

・キャスト

 グレース : ニコール・キッドマン

 トム・エディソン : ポール・ベタニー

 リズ・ヘンソン : クロエ・セヴィニー

 ジンジャー夫人 : ローレン・バコール

 ヴェラ : パトリシア・クラークソン

 ジャック・マッケイ : ベン・ギャザラ

 

 上映時間 :178

 

 

 映画の感想(少しだけネタバレもあります)

・トリアー監督らしい、人間性を考えてしまう作品です

 今回はまた久しぶりの映画(洋画)の感想です。先日、WOWOWオンラインから応募していたラース・フォン・トリアー完全読本」に当選してしまいました(^^♪。以前にも、スターウォーズのTシャツが当選したこともありますし、WOWOW様には本当にお世話になっています。これからもWOWOWだけを応援していきたいと思っています。そんなことで、WOWOWでトリアー監督作品を特集してくれていた際に録画していた映画とドラマを観ていきます。本命はドラマ『キングダム』ですが、今回は映画作品のドッグヴィルを視聴しましたので紹介していきたいと思います。

☆WOWOWさんのプレゼントに応募したら当選しました(^^♪

ラース・フォン・トリアー監督の全作品の紹介と解説が載っています!

※よろしければ、前回の映画感想記事もご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

 ストーリー上のあらすじに書いてある通りで、アメリカのさびれた田舎町が舞台となってストーリーが展開します。トリアー監督はデンマーク人ですので、アメリカが舞台ですがあくまでも架空の町・ドッグヴィルです。どれほど架空かというと、驚くことに町の全てがスタジオに線引きされただけで、道路も木々も建物もありません。実際に観て観ないと想像できないかもしれませんが、子供が道路に落書きしたような感じで、それぞれの家や公共施設が配置されている中で物語が描かれます。演じる俳優さんたちも驚いたことでしょうが、その辺りがトリアー監督の面白い=独特な感性を持っているところでしょうかね。

 そんな町に逃げ込んできた若い女性・グレースを演じるのはニコール・キッドマンさんで気品のある外見と美しく気高い心を持っています。彼女にはある秘密があり、そのためギャングから追われていたのですが、彼女を匿うことにした町の人々は彼女に条件を出します。その条件のために、彼女は町の人々から少しずつ依頼を受けて肉体労働や子守りなどを行うのですが、初めは良好だった彼女と人々との関係がストーリーが進むにつれて少しずつ変化していきます。それは普通に暮らしているごく一般的な人々が、自分達が何でもこき使える召使い(奴隷?)のような存在(グレース)を得ることで、徐々に本性が見えてきました彼らの本性はとても意地悪で醜悪なものであり、大人も子供も男も女も変わりなく醜く、あくまでも善性を信じ続けるグレースとの対比で余計に辛くなります。しかし、ラストで明らかになるグレースの正体とそれによって得られるカタルシス。この感覚がトリアー監督を観てしまう理由ですので、まさに真骨頂ともいえる作品です。ネタばれしてしまうと、せっかくのカタルシスが得られませんので、辛くても途中を目を逸らさずじっくりと観て欲しい

 ちなみに、カタルシス=心の中に溜まっていた澱(おり)のような感情が解放され、気持ちが浄化されること、という意味です。余談ですが、このブログの名称「趣味をカタる部屋」を”語る”と漢字ではなくカタカナを使っているのは、この”カタルシス”と掛けて名付けたのでした(*^-^*)。

 

 しばらくは、トリアー作品を順番に観ていきたいと思います。

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

※映画のブルーレイはこちらからご購入できます

 

U-NEXT

 

『お抹茶カヌレ』@ローソンを食べてみました

『お抹茶カヌレ(ローソン)

(スイーツ、洋菓子、カヌレ、抹茶、ローソン、ウチカフェ、成分表示、価格、クチコミ、感想)

 

・商品説明;

 宇治抹茶パウダーと宇治抹茶クリームを使用した、ほろ苦い風味が楽しめるカヌレです。

お抹茶カヌレ|ローソン公式サイト

 

・価格  192円(税込)

 

・成分表示

 

感想 

・カリもち食感のカヌレですが抹茶風味はやや少なめ

 今回もコンビニ商品のご紹介です。今回は、久しぶりに一時期ハマっていたカヌレです。ローソン(実際に作っているのは山崎製パン)のカヌレは個人的にコンビニでは一番好きな”カリもち食感”なのですが、今回購入した商品は、『お抹茶カヌレということで和洋折衷なスイーツとなっています。

●よろしければ、前回のスイーツ紹介記事もご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

 家に帰って、早速開封しました。今回もいつものサイズ比較を撮り忘れましたが、普通のカヌレと同じくらいのサイズです。外観としては、表面に抹茶チョコが全面ではなく雰囲気出した感じでコーティングされています。開封するまでは、もしかしてオーブンで焼いたほいうが美味しいかも?と思っていましたけど、チョコが掛かっているなら焼かないほうがイイよなぁ。そして、上に載っている茶色いモノは、上の成分表示によると「金時蜜漬け」となっています。洋菓子のカヌレに和菓子の抹茶+豆という組み合わせということでしょうか。

 実食してみますと、前から好きだった”表面はカリカリ””中はもちもち”という食感はそのままで、抹茶の風味がふんわりと香ります。生地の部分は見た目から期待していたよりは控えめな抹茶風味でしたが、表面の抹茶チョコがしっかりと抹茶味をしているので、その部分を食べると美味しい抹茶スイーツです。値段を考えると、これは仕方ないところだと思います。私が期待するような抹茶を混ぜると300円は超えてしまうでしょうからね(;^ω^)。それから、上に載っている「金時蜜漬け」もアクセントになって良いと思いましたけど、抹茶と合わせるなら「あんこ」か「甘納豆」が良かったかな。

 

 意外と美味しかったので、『濃い抹茶カヌレも発売して欲しいと思いました。値段がアップしても買います。

 

※よろしければ、ポチっとして頂けると嬉しいです! 

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

 

 

 

セブンネットショッピング

成城石井バイヤー厳選!こだわりの『美味しい』をあの方へ。

 

 

『ICHIBIKO 苺メロンパン』@ローソンを食べてみました

『ICHIBIKO 苺メロンパン』(ローソン・ICHIBIKO)

(スイーツ、菓子パン、メロンパン、苺スイーツ、ICHIBIKO、コラボ商品、ローソン、成分表示、価格、クチコミ、感想)

 

・商品説明;

 ICHIBIKOコラボ商品。苺ソースと苺ミルク風味のホイップをサンドしたメロンパンです。

ICHIBIKO 苺メロンパン|ローソン公式サイト

 

・価格  160円(税込)

 

・成分表示

 

感想 

・苺メロンパン、、、メロンは入ってませんけどね

 今回もコンビニ商品のご紹介です。今回は、以前からよくローソンさんとコラボしているICHIBIKOという苺スイーツ専門店がまたコラボして作られた商品です。購入してみた商品は、『ICHIBIKO 苺メロンパン』です。コラボ商品は何種類かありましたので悩みましたが、一番サイズが大きく食べ応えがありそうでしたので選びました。

※ICHIBIKOとは?下のリンクをご参照ください

Home - イチゴスイーツ専門店strawberrycafeいちびこ

●よろしければ、前回のスイーツ紹介記事もご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

 家に帰って、早速開封しました。いつものサイズ比較を撮り忘れましたが、普通のメロンパンと同じくらいのサイズです。外観としては、パンの表面にチョコチップのように苺のチョコが練り込まれていますね。これだけで、苺メロンパンと名乗っているのかというと、そうではありません。下写真をよく見ると分かりますが、パンの下側にカット面があります。商品説明に書いてある通り、”苺ソースと苺ミルク風味のホイップ”をサンドしているということで、メロンパン「サンド」なのです。

 切れているところから開いて中を見てみますと、下写真のように結構多めの苺ホイップクリームと苺ソースが塗られているのが分かります。実食してみますと、パンは普通のメロンパンですし、ホイップクリームも結構甘いので甘過ぎかと思いましたが苺ソースが酸味が強くて甘さを適度に中和してくれるので一緒に食べると美味しいスイーツになりました。

 

 意外と美味しかったので、他の種類も試してみたくなりました。

 

※よろしければ、ポチっとして頂けると嬉しいです! 

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

 

 

 

セブンネットショッピング

成城石井バイヤー厳選!こだわりの『美味しい』をあの方へ。

 

 

『チョコとアーモンドのスコーン』@ローソンを食べてみました

『不揃い チョコとアーモンドのスコーン』無印良品・ローソン)

(スイーツ、スコーン、チョコレート、アーモンド、不揃い、洋菓子、無印良品、ローソン、20円割引、バウムクーヘン、成分表示、価格、クチコミ、感想)

・商品説明;

 チョコチップと、アーモンドを練り込み香ばしく焼き上げました。焼きムラや変形など、おいしさに関係なくはじかれていたものも生かしました。

不揃い チョコとアーモンドのスコーン | 無印良品

 

・価格  180円(税込)

 

感想 

・お茶菓子ですので、水分は必須です

 今回はコンビニで購入しているスイーツの紹介です。以前にも書きましたが、コンビニ(ローソン)で販売されている無印良品のスイーツ商品を色々と試しています。いつもは不揃いバウムクーヘンを買っていますが、たまには違う商品も試してみようと思って購入したのが、『チョコとアーモンドのスコーン』です。

※スコーンとは?下のリンクをご参照ください

スコーンとは

 ちなみに、『不揃いバウムクーヘンですが、近所のローソンでは”2つ買えば20円引き』という割引キャンペーンを行っているようですので、お試しで購入するチャンスだと思います。

●よろしければ、前回のスイーツ紹介記事もご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

 家に帰って早速、実食しました。いつものように、マウスとサイズを比較します。これまでの「不揃いバウムクーヘン」とほぼ同じ大きさでしょう。スコーンというお菓子を余り食べたことがありませんので、大きいのか小さいのか分かりません(;^ω^)

 外観としては、クッキーのような感じチョコチップと砕いたアーモンドが中に練り込まれているのが見えます。実食してみますと、外観ではサクサクしたクッキーみたいなのかと思いましたが、意外とホロホロして柔らかめの食感でした。チョコチップが多めに入っていてスイーツとして十分ですが、口中の水分が吸い取られてしまいますので、コーヒー・紅茶等のドリンクとのセットがオススメですね。それから、下写真の下段のように食べカスがぽろぽろ零れますので、食べるときに注意が必要です(-_-;)。

 

 卵不足が解消されてバウムクーヘンも色々な種類が並ぶようになりましたので、いずれそちらの商品も食べ比べてみたいと思っています。

 

※よろしければ、ポチっとして頂けると嬉しいです! 

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

 

 

 

セブンネットショッピング

成城石井バイヤー厳選!こだわりの『美味しい』をあの方へ。

 

 

『シン・ウルトラマン』(映画)を観ました

『シン・ウルトラマンのあらすじと感想

斎藤工長澤まさみ山本耕史樋口真嗣庵野秀明、ドラマ、ファンタジー、SF、邦画、感想、ネタバレ、WOWOW映画、キャスト・スタッフ、上映時間)

 

あらすじ(WOWOWホームページより転載しました)

 巨大不明生物“禍威獣(カイジュウ)”の脅威にさらされる日本。政府は禍威獣特設対策室専従班、通称・禍特対(カトクタイ)を設立、班長・田村君男、作戦立案担当官・神永新二らが任務に当たっていた。あるとき禍威獣の危機が迫る中、大気圏外から突如銀色の巨人が現われる。禍特対には、巨人対策のため分析官・浅見弘子が新たに配属され、彼女の報告書から、正体不明の巨人を“ウルトラマン(仮称)”と呼ぶことになる。

※映画の公式ホームページです。

映画『シン・ウルトラマン』公式サイト

シン・ウルトラマン | 映画 | WOWOWオンライン

 

 

スタッフ・キャスト

・スタッフ

 監督 : 樋口真嗣

 脚本 : 庵野秀明

 企画 : 庵野秀明

 撮影 : 市川修 、 鈴木啓造

 音楽 : 宮内國郎 、 鷺巣詩郎

 

・キャスト

 神永新二 : 斎藤工

 浅見弘子 : 長澤まさみ

 田村君男 : 西島秀俊

 メフィラス : 山本耕史

 ウルトラマン(声) : 高橋一生

 ザラブ(声) : 津田健次郎

 

 上映時間 :113

 

 

 映画の感想(少しだけネタバレもあります)

・”換骨奪胎”、私の好きな言葉です

 今回はかなり久しぶりの映画(洋画)の感想です。そろそろ、WOWOWで録画しておいた映画を頑張って観ていきたいと思っています。特に、邦画は早めに地上波テレビで放映されてしまうので、それよりは先に観ておきたいということで、今回観た映画は、『シン・ウルトラマンです。庵野秀明さんによる『シン・ゴジラ』から始まる『シン・〇〇』シリーズの第2作目です。ゴジラ同様、昭和の大人気特撮作品を、現代の映像技術を駆使して新たな息吹を吹き込む作品となっています。まさに、”換骨奪胎”=他人の詩文の語句や構想をうまく利用し、その着想・形式をまねながら、自分の作としても(独自の)価値があるものに作ること。ですね。

※よろしければ、前回の映画感想記事もご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

 ストーリー上のあらすじに書いてある通りで、オリジナルのTVシリーズと同じく、日本に次々と現れるカイジュウを撃退するウルトラマンとカトクタイの活躍が描かれます。(本作品とオリジナルでは漢字を変えていますので、敢えてカタカナで書きました。)ただし、本作品は映画ですので、上映時間などの関係から登場するカイジュウは少なめ、宇宙人=外星人も2種類となりますので展開が早くなってしまいます。早いと言えば、オリジナルと異なりウルトラマンの正体”がカトクタイ員・神永新二(演:斎藤工さん)とバレるのが早いです。ちなみに、オリジナルは最後までバレませんでした。(セブンはアンヌに告白していましたが。)まぁ、しかし、本作品を観ると、仲間であるカトクタイのメンバーには早めにバレることで仕事(対メフィラス星人)がしやすくなるので良いと思いますが、一方で諸外国や政府との関係は微妙な感じになってしまいました。核兵器も効かないチカラを独占することはパワーバランスが崩れる、というフィクションながらリアルな問題が想定されていますね。

 ちなみに、ウルトラマンや外星人(ザラブ星人メフィラス星人)は全て3DCGでで描かれています。公式HPにしっかりと記載されています通り、庵野さんは円谷特撮作品で製作されたTV向けのウルトラマンではなく、成田亨氏が描いたオリジナルデザインを基本に作画しています。そのため、有名なカラータイマーや尾ビレがありませんし、凹凸が少なく艶やかで輝くような姿のウルトラマンとなりました。アニメのCGは苦手ですが、本作品のCGは下画像のように違和感が無く実写世界に溶け込んでおり、バトルシーンも迫力を感じて非常に楽しめました(^^♪。。

 ゼットンとの最終決戦は、オリジナルの突拍子もない設定をマジメに科学的に考察したような展開でしたが、ゼットンと戦えるのがウルトラマンだけでしたので、壮大な敵の出現にしては盛り上がりに欠けてしまったかな、、という惜しい気持ちはあります。オリジナルよりもサイズはデカい奴でしたけどね(;^ω^)。

 主演の斎藤工さんやヒロインの長澤まさみさん等、配役もイイ感じでしたが、やはり映画という限られた上映時間で描くには不完全燃焼になってしまったような気もしました。

 

 まだまだ、たくさん観たい映画が溜まっていますので、順番に観ていきたいと思います。

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

※映画のブルーレイはこちらからご購入できます

 

U-NEXT

 

2024年・冬アニメ期待作品の感想(第1話~第3話)

2024年の冬アニメ(新番組、アニメ紹介、アニメ感想、第1話~第3話、冬アニメ、1月スタート、期待作、原作尊重、続編、オススメ)

 ・冬アニメの期待作品の感想をまとめて書いておきます

 

 

☆前回の「冬アニメ期待作品」の紹介記事です。

g-self.hatenablog.com

 

 現在放送中の冬アニメは、放送開始から1か月が経過しており今さら感が甚だしいですが、それぞれの第1話~第3話を視聴した感想を書いておきます。恐らく、毎回を書くことは無いと思いますので、次回は最終話の頃になると思います

 各作品の感想は、それぞれ下に書いていきますが、(興味ないかと思いますが)個人的に面白かった順位を挙げますと、

第1位:メタリックルージュ

第2位:戦国妖狐

第3位:異修羅

 上記以外も、もちろん面白い作品ばかりでした。これから先も、続きを観ていくのが本当に楽しみな作品ばかりです。

 

・期待していた7作品はどれも面白い!

 今回も、下のリンクで紹介されている放送中のアニメ=7作品についての感想を書いてみたいと思います。

 ☆アニメイトさんの情報ページです。

www.animatetimes.com

 紹介している順番は、上のサイトの表示順になっています。

 また、画像も同じサイトから転載させて頂いています。

 

青の祓魔師 島根啓明結社篇

[感想]ずいぶん前に放送していた、以前のストーリーをほとんど忘れてしまっていました。。第1話~第3話では、そういう視聴者のためなのか、原作通りなのか分かりませんが、まったりと学園生活を送る様子が描かれ、徐々にそれぞれのキャラクターの特徴なんかを思い出してきました。この先のストーリーで、なにやら悪だくみが始まっていくようです。

番組公式ホームページです

TVアニメ『青の祓魔師 島根啓明結社篇』

 

・異修羅

[感想]第1話~第3話まで、各話ごとに次々と”最強”な特徴的なキャラクターが登場します。小説が原作らしいのですが、読んだことはありません。次々と最強なキャラクターが登場して互いに闘う、というストーリーなのかな?面白そうなキャラクター達ですので、この先の展開が気になります。

☆番組公式ホームページです

TVアニメ『異修羅』公式サイト

 

・キングダム 第5シリーズ

[感想]こちらは原作漫画が大好きですので、既に読んでいるはずのストーリーです。内容は、原作漫画に忠実なアニメかと思いますし、今のところ画質レベルも問題ない熱量を感じる仕上がりになっております。信の部隊と秦軍はかなり劣勢ですので、この先どのように挽回するのか楽しみです。

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「キングダム」公式サイト

 

戦国妖狐

[感想]こちらの原作漫画は読んでいませんが、個人的に好きな水上悟志先生の作品です。題名の通り、戦国時代(”どろろ”と同じぐらいの時代かな)の人間と妖怪とが共存していた世界が舞台となっています。やはり期待した通り、バトルシーンが迫力があり面白いです。

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「戦国妖狐」公式サイト

 

BASTARD!! -暗黒の破壊神-地獄の鎮魂歌編

[感想]ネットフリックスで放送していたので、最終話まではちゃんと原作に忠実にアニメ化されていると思われます。最初の3話までは一気に放送されましたが、その第3話でようやくダーク・シュナイダーが復活しますので、続けて観たほうがスッキリするでしょうね。ヘビメタ好きが喜ぶ(だろう)新キャラクター=魔戦将軍達の活躍に期待したいです。

☆番組公式ホームページです

アニメ『BASTARD!! 暗黒の破壊神』公式サイト

 

・火狩りの王 第2シーズン

[感想]続編となり、若干前作とは異なった雰囲気のアニメになった気がします。元々、レトロ調の絵柄が特徴のアニメでしたが、所々で劇画タッチの静止画になるシーンが挿入されます。別にイイんですけどね。。ストーリーは、首都攻防戦が展開されつつ、謎の神族が暗躍して複雑な展開となっております。続きをしっかりと見続けたいと思います。WOWOWアニメですので、見逃してもオンデマンド視聴できるのが有難いですし。

☆番組公式ホームページです

TVアニメ「火狩りの王」|西村純二×押井守

 

・メタリックルージュ

[感想]下の画像から勝手に巨大メカのバトルアニメかと思っていましたけど、実際には人間サイズのアンドロイドでした。ストーリーは、火星が舞台で人間とアンドロイド=人造人間<ネアン>が共存する世界がメインとなっています(今のところは)。異星人が来訪して地球に超技術(オーバーテクノロジー)を授けたり、一部のネアンが人間に反旗を翻しつつあるという不穏な情勢であったり、なんとなくの雰囲気が『ブレード・ランナー』を含めたP・K・ディックの小説を想起させられます。かなり好きな設定ですね。そして、下の画像のメカは人造人間のルジュ(左側の黒髪女性)のバトル形態で、敵対するネアンとのバトルもカッコ良くてメッチャ好きです。

☆番組公式ホームページです

TVアニメ『メタリックルージュ』公式サイト

 

 今冬も、面白いアニメがラインナップされていますので視聴時間が足りません(;^ω^)

 

※よろしければ、ポチっとしてもらえると嬉しいです! 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

 

 

『デリチュース』という”チーズケーキ”を食べました

『デリチュース』(デリチュース)

(スイーツ、チーズケーキ、デザート、洋菓子、ベイクドチーズケーキ箕面本店、JR大阪駅、JR高槻駅、からふね屋CAFE、ビエラ高槻、ケーキセット、手土産、価格、アクセス、クチコミ、おすすめ、感想)

 

・価格  1カット;640円(税込)

        ※からふね屋珈琲のケーキセットでの価格です

 

・商品説明

チーズの王様と称されるフランス産白カビチーズ「ブリー・ド・モー」を使用した「デリチュース」は、口に運んだ時の食感がまさに別次元の味わい。ベイクドなのにレアチーズのような滑らかな舌触り、そのとろけるような口溶けの良さ。そして濃厚なチーズと甘酸っぱい杏ジャムが口の中で混ざり合って微妙に変化していく奥深い味わい。あらゆるチーズケーキを凌駕するほどの新感覚スイーツです。

delicius

 

・アクセス;

※ 下のリンクをご参照ください。

関連ランキング:カフェ | 高槻駅高槻市駅

 

感想 

・偶然に、美味しいチーズケーキに出逢えました

 今回はスイーツの紹介です。久しぶりに、実家の両親とランチを食べるために大阪・高槻に行きました。ランチの後は、ゆっくり喫茶店で近況報告でもしようと思いましたが、阪急高槻(デパート)の喫茶店はどこも満席だったので、JR高槻駅近くの『からふね屋CAFE』に初めて行ってみました。(関西では)パフェで有名なチェーン店ですが、ランチ後ですのでコーヒーだけ、のつもりでした。が、お店の入り口のショーケースに並んでいたケーキに惹かれてしまったので、ついついケーキセットを注文してしまいました(;^ω^)。

 注文した気になるケーキは、後で知ったのですが、からふね屋のケーキでは無く大阪・箕面に本店がある有名なチーズケーキ『デリチュース』というケーキ(店名も同じ)でした。全然知りませんでしたが、有名なケーキなら注文した俺、グッジョブでしたね。

★前回のスイーツ紹介記事もご参照ください

g-self.hatenablog.com

 

 少し待って、ホットコーヒーと一緒に目の前に並べられたのは、お目当ての『デリチュース』です。下写真のような感じで、表面に”杏ジャム”が載っております。そして、側面の見た目の通り、ケーキ部分はなめらかな食感で確かにレアチーズケーキのようですが、上の商品説明によるとこれはベイクドチーズケーキだそうです。味もしっかりとチーズの風味を感じますし、予想以上に美味しいチーズケーキでした。

 

 今度行った際には、お土産にも買って帰ろうかと思います。

 

※よろしければ、ポチっとして頂けると嬉しいです! 

にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

 

 

 

セブンネットショッピング

成城石井バイヤー厳選!こだわりの『美味しい』をあの方へ。